頭皮が乾燥する7つの原因と症状!悪化すると大変なことに…?

お肌が乾燥するのと同じように、頭皮も乾燥するってご存知ですか?

頭皮は普段は髪の毛に隠れているので、なかなかじっくり見る機会がありませんよね。ですが実は頭皮もお肌と同じくらい乾燥しやすく、さまざまな症状が出るんです。

代表的な症状といえばかゆみやフケ。どちらもそれほど気にする症状ではないように思えてしまいますよね。

しかしかゆみは知らず知らずのうちに頭皮を傷つけ、炎症を起こす可能性があります。またフケは、背中や肩に落ちているとなんだか不潔に見えてしまいますよね。

さらに頭皮の乾燥による症状は、他にも悪化すると怖い病気の原因になってしまうんです。そうなる前に乾燥の原因について知っておきましょう。

今回は頭皮が乾燥してしまう原因と症状、また対処法を詳しく解説していきます。

 

気をつけて!頭皮が乾燥する意外な原因7つ

頭皮の乾燥による症状を見る前に、まずは乾燥の原因になる意外な行動を見ていきましょう。

知らず知らずのうちに乾燥の原因を作っているかもしれませんよ。

 

原因1:洗浄力の強いシャンプー

普段何気なく使っているシャンプー。毎日の頭皮の汚れを落とすための必須アイテムですよね。

でも実はそんなシャンプーに意外な落とし穴があるんです。

シャンプーには髪を洗うための洗浄成分が配合されています。しかし洗浄成分の中には大変刺激の強いものがあり、それを日常的に使ってしまうと乾燥の原因になりかねません。

特に合成界面活性剤には注意が必要です。頭皮を保湿したり雑菌から肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまう洗浄成分なので、使用は控えた方が無難ですね。

 

原因2:シャンプーの頻度が多い

たとえ洗浄力のマイルドなシャンプーを使っていたとしても、油断はできません。

夏場など汗をかきやすい季節は、ついシャワーを浴びるついでに1日に何度もシャンプーをしてしまうことがありませんか?

実はそれも乾燥を助長する原因になっているかもしれません。

人間の頭皮には、必要最低限の皮脂が必要です。しかし1日に何度もシャンプーをしてしまうと、肌を守るための皮脂まで洗い流してしまいます。

そのためシャンプーはその日の汚れを取るために、夜に行うようにしましよう。どうしても気になる場合には、シャンプーはせずにお湯だけで洗い流すのがオススメです。

 

原因3:シャンプーの仕方

シャンプーにはそれほど時間をかけないという方に多いのが、シャンプーの仕方が間違っているパターン。

ボトルからシャンプーを出して、そのまま髪につけてしまっていませんか?泡立てずにそのまま付着してしまうと、実は頭皮には刺激が強すぎるんです。

また泡立てた後の洗い方にもポイントがあります。

特に頭皮に爪を立てて洗ってしまうのはNGです。頭皮が爪で傷つき、そこから雑菌が入ると炎症の原因になってしまいます。

また指で強く摩擦しすぎるのも、頭皮にとってはダメージになるので注意しましょう。

 

原因4:シャワー・ドライヤーの熱

シャンプーをすすぐ際には、人肌よりも少し温かいくらいのぬるま湯で洗い流しましょう。熱すぎるお湯を使ってしまうと、洗浄力の強いシャンプーと同じように、必要以上に皮脂を落とし過ぎてしまいます。

肌を保護するための皮脂がないと、肌のバリア機能や水分を保持する機能はだんだんと低下していきます。

また同じ熱でいうと、温度が高すぎるドライヤーもNGです。頭皮の水分を熱風が飛ばしてしまうため、乾燥が進んでしまいます。

頭皮もお肌と同じように、熱すぎない温度のシャワーやドライヤーで労ってあげましょう。

 

原因5:生活習慣の乱れ

頭皮の乾燥も、体の不調の中の一つです。そのため体の免疫力が落ちる「ストレス」や「睡眠不足」「食生活の乱れ」は、頭皮の乾燥を引き起こす原因になります。

ストレスは精神的なものですが、蓄積されれば徐々に体に影響が出始めます。特に頭皮は体の中でも末端なので、体調不良を起こすと悪い影響が起きやすいんです。

また睡眠不足は、体調不調以外にも肌のターンオーバーの周期を乱す原因になります。睡眠には肌を生まれ変わらせる効果があるので、しっかり一定時間を確保できるようにしましょう。

食生活の乱れは、頭皮に必要な栄養を不足させる原因になります。脂質や糖分が多い食事は、体の健康に必要なビタミンや食物繊維が不足しがちです。そうすると頭皮にまで栄養が行き渡らなくなり、乾燥してしまうのです。

 

原因6:季節性

冬場など乾燥しやすい季節は、お肌のお手入れも念入りになりますよね。それと同様に、乾燥する季節は頭皮のお手入れが必要なんです。

忘れられてしまいがちですが、実は頭皮もお肌と同じくらい乾燥しやすい部位です。そのため特に身体的な変化がなかったり、またシャンプーの仕方などに気をつけていても、季節の変化によって乾燥してしまうことがあります。

特に体質的に肌が乾燥しやすい人は、要注意です。

 

原因7:カラー・パーマ

カラーやパーマを頻繁にする方も、頭皮が乾燥しやすい傾向にあります。

カラーやパーマは薬剤です。そのため頭皮に付着すると化学反応が起き、乾燥につながることがあります。

特に自宅で市販のカラー剤・パーマ剤を使用するときには、できる限り頭皮にはつかないように気をつけましょう。

また自分でやるのが難しい場合には、美容室などでプロにお願いするのもおすすめです。

さらにパーマ・カラー剤は、今までは体に悪影響を与えていなかったとしても、体調の変化などによって肌質に合わなくなることもあります。

自分では変化に気づいていなくても、体は薬剤に対して敏感に反応を示してしまうんですね。

 

悪化したらどうなる?乾燥の強い症状

頭皮の乾燥といえば、思いつく症状はかゆみやフケが代表的だと思います。しかし実は乾燥がさらに進行すると、思っている以上に酷い症状になってしまうことがあります。

それは乾燥が頭皮の水分保持能力や、雑菌から守るバリア機能を低下させてしまうためです。

まずはその症状は細かく見ていきましょう。

 

症状1:かゆみ

まずは乾燥の代表的な症状「かゆみ」。こちらはヒジやヒザが冬場に乾燥してかゆくなってしまうのと似た症状ですね。

乾燥によるかゆみは、基本的にごく弱い「痛み」だとされています。本来ならちょっとした刺激からは皮膚のバリア機能によって守られています。

しかしこのバリア機能が弱ってしまうことで、かゆみを感じるようになるのです。

はじめのうちは多少のかゆみかもしれませんが、悪化すれば皮膚を掻き毟るほどの酷いかゆみになります。かかないように気をつけていても、寝ている間に無意識にかいてしまうこともあります。

それによって頭皮が傷つき、炎症を起こすという悪循環です。

ただかゆみとはいえ、放置するのは危険ですね。

 

症状2:フケ

「フケ」は頭皮の乾燥による症状の代表的なものの一つですね。

フケが背中や肩に出ていると、きちんと身なりをキレイにしていても、不潔に見えてしまいますよね。

その原因は、肌が生まれ変われずに残った古い角質です。

頭皮も肌と同じでターンオーバーがあり、定期的に肌が生まれ変わります。しかしターンオーバーの周期が乱れると、角質が頭皮に残ります。それが乾燥によって頭皮を触った際にフケとして落ちてくるのです。

また古い角質は、頭皮の乾燥によって髪に栄養が行き渡らないことでも引き起こされます。栄養が行き渡らなければ頭皮の常在菌・マラセチア菌が増殖し、さらに乾燥を助長させるというわけです。

 

症状3:湿疹

頭皮は乾燥によって湿疹が出ることもあります。代表的なのが「乾燥症」「皮脂欠乏症」です。

どちらも冬の乾燥によって、手の甲がカサカサしたりひび割れたりするような症状が起こります。また悪化すればポツポツとした赤い湿疹も出始め、やがて皮膚の炎症となります。

手足が炎症を起こすと皮膚の色が変わってしまったり、体毛が生えてこなくなってしまうことがありますよね。それと同様に、頭皮も炎症が悪化すると髪の毛が抜け落ちてしまう可能性があります。

 

症状4:抜け毛

意外かもしれませんが、乾燥によって抜け毛の症状が出ることもあります。

頭皮が乾燥すると、主に必要な水分が保持できなくなったり、血行不良になったりします。そうすると髪の毛の成長が阻害され、だんだんと髪一本一本がやせ細っていくのです。

そのため薄毛・抜け毛が気になる方が使用する育毛剤やスカルプケアアイテムには、頭皮の保湿成分がたっぷり配合されています。

髪の毛の健康を保つためには、頭皮の潤いも重要なんですね。

 

症状5:ニキビ

ニキビといえば過剰な皮脂の分泌によって起こると思われがちですが、実は乾燥からもニキビはできてしまいます。

乾燥すると、頭皮は通常の雑菌バリア機能を失います。肌が弱っているとちょっとした刺激でも肌が敏感に反応するため、ニキビや炎症になるというメカニズムです。

また人間の肌は乾燥すればするほど、肌を保護するために皮脂が分泌されます。皮脂が過剰になると、ニキビを作るアクネ菌が増殖してしまうため、炎症を起こすこともあります。

 

今すぐ始められる乾燥対策8つ!

「頭皮が乾燥している」と感じたら、今すぐにでもケアを始めるのがオススメです。

ケアといっても自宅で簡単に始められるものが多いので、乾燥を感じたらすぐに実践してみましょう。

 

対策1:シャンプーを変える

シャンプーには頭皮や髪の毛を洗うための洗浄成分があります。しかしその洗浄成分が強すぎるものを選んでしまうと、頭皮の保護に必要な皮脂まで落としてしまいます。

その場合にはシャンプーを、洗浄力がマイルドなものに切り替えましょう。具体的には合成界面活性剤が使用されているものは避け、洗浄力が優しいアミノ酸系の成分がオススメです。

また近年流行しているボタニカル・オーガニック処方のアイテムも、天然由来なので肌を傷つけにくい傾向にあります。

選ぶ商品に迷った場合は、スカルプケア用のシャンプーを購入するのも良いでしょう。

薄毛・抜け毛ケアには、洗浄力のマイルドな成分が使われていることが多いです。そのため一般の人の髪にも優しく、刺激が少ないのが特徴です。

またスカルプケア用のシャンプーには、頭皮に栄養を与えるための保湿成分が含まれているので、より髪に優しい処方になっています。

【厳選】薄毛・抜け毛対策に最適な女性用シャンプーの選び方&おすすめランキング5|育毛レシピちゃん
正しい抜け毛・薄毛対策をするうえで、シャンプー選びは非常に重要です。 よく店頭で市販されているような女性用シャンプーは、髪の毛まとまりやダメージ補修や指通りなどを重視したもの
2018-03-19 19:52

 

対策2:シャンプーの仕方

シャンプーをするときには、オススメの正しいやり方があります。こちらの方法をマスターすれば、頭皮に不要な刺激を与えずに済むでしょう。

まずシャンプーを手のひらに取ったら、両手でよく泡立ててください。頭皮に直接シャンプーをつけてしまうと、洗い流せずに残ってしまったり、不要な刺激を与えることになります。

またシャンプーを泡立てて髪を洗うときには、指の腹でやさしくこすりましょう。夏場など汗をかきやすい季節はついつい爪を立ててガシガシ洗いたくなりますが、頭皮を傷つけてしまうことがあるのでNGです。

また頭皮をマッサージするように洗うのもオススメです。頭皮が適度に刺激されて、血流が良くなります。

 

対策3:シャンプーのすすぎ方

シャンプーで髪や頭皮を洗ったら、お湯で洗い流しますよね。そのときの温度は、できるだけぬるま湯を心がけましょう。

熱いお湯で洗い流してしまうと、頭皮を守るのに必要な皮脂まで落ちてしまいます。

またシャンプーの泡は、コンディショナーなどに比べると比較的落ちやすいので、短時間ですすいでしまうことがあります。しかしシャンプーの泡は思いの外残りやすく、特に頭皮には滑りとなって表れることがあります。

そのため泡が落ちきったと思っても、しっかり頭皮を洗い流すように気をつけましょう。シャンプーが残っていると、乾燥を助長する原因となってしまいます。

 

対策4:髪の毛の乾かし方

夏場などはドライヤーを使わなくても、自然と髪が乾いていきますよね。しかし自然乾燥は、ドライヤーを使うよりも水分が飛びやすくなってしまうのでNGです。

できる限り入浴後はすぐに乾かすようにしましょう。

またドライヤーも、シャワーの温度と同じで熱すぎない高さがオススメです。熱風を当ててしまうと、頭皮の水分が必要以上に飛んでしまいます。

髪の毛はドライヤーを使って、少し温かいと感じるくらいの温度で手早く乾かしてください。

 

対策5:寝具を清潔に保つ

頭髪の匂いなどを軽減するのに効果的な「寝具の取り替え」。実は寝具を清潔に保つと、頭髪の乾燥も軽減する効果があります。

寝具は長い期間使い続けると、雑菌がたまります。どれだけ髪をきれいに洗っても、枕やシーツに雑菌がついていると寝ている間に頭皮が痛んでしまいます。

それによって頭皮のバリア機能が低下し、水分を保持できない皮膚になってしまいかねません。

また髪の毛は寝ている間に成長します。その成長を雑菌が阻害してしまう可能性もあるので、定期的に寝具を取り替えましょう。

 

対策6:生活習慣の見直し

「過度なストレス」や「睡眠不足」「食生活の乱れ」も、頭皮の乾燥の原因になります。そのためできるだけストレスフリーな生活を心がけたり、規則的な時間の使い方をすると良いでしょう。

中でもオススメなのが、睡眠をとる時間を整えることと、乾燥を防ぐ食事を積極的に摂ることです。

人間は睡眠中に成長ホルモンが活発になります。特に午後10時から午前2時までの間にもっとも活動するので、その時間に睡眠を取れると良いですね。

また食事も、ビタミンAやビタミンBをとれるメニューがオススメです。これらのビタミンには肌を健康に保つ効果があり、ほうれん草やニンジンなどさまざまな野菜を食べることで摂取できます。

 

対策7:化粧水・ローションなどの保湿剤を使う

乾燥に直接うるおいを届けられるのが、化粧水やローションなどの保湿剤を使用することです。特に乾燥が気になる部分に直接つけることができ、すぐに効果が得られるのが魅力ですね。

使用する商品は、肌に使うような保湿剤でも大丈夫です。しかし刺激が特に気になる方は、頭皮用の保湿剤の購入をオススメします。専用の商品なら髪に不必要な刺激を与える心配もありません。

またこれらの保湿剤は、頭皮マッサージやブラッシングとともに使うのがオススメです。

保湿剤がマッサージの刺激を軽減する役割にもなりますし、ブラッシングによって保湿剤が行き渡りやすくもなります。

また保湿剤を冷蔵庫などで冷やしておく、使用した時に毛穴が閉じるので抜け毛対策にもなりますね。

 

対策8:頭皮マッサージ・ブラッシングをする

頭皮は体の末端なので、血の巡りが悪くなることがあります。その対策としてできるのが、頭皮マッサージやブラッシングです。

揉みほぐしたり適度に刺激を与えることで血行が改善され、頭皮に栄養が行き渡りやすくなります。

ただマッサージやブラッシングはついたくさんやりたくなってしまうものですが、刺激が強くなりすぎないように適度な回数に抑えましょう。特にブラッシングなどは、朝と入浴前、就寝前の3回程度がオススメです。

 

本当は怖い!乾燥の症状を改善しよう

頭皮の乾燥は、気をつけていなければなかなかケアできません。また知らず知らずのうちに乾燥を助長してしまっていることもあります。

しかし頭皮の乾燥は日常のちょっとしたことで、改善することも可能です。そのため日々の心がけ次第で、健康的な頭皮を保つことができます。

乾燥の症状が悪化してしまう前に、早めに乾燥対策を始めましょう!

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す