あなたのその脱毛大丈夫?正常な抜け毛とヤバイ抜け毛の違いって?

年齢とともに気になり始める「抜け毛」。女性といえどケアは必要だけど、男性のようなごっそり抜け毛の心配はない…•と思っていませんか?

でも実は女性にも見逃してはいけない「ヤバイ抜け毛」があるんです。年齢とともに出てくるちょっとした抜け毛は問題ありませんが、将来的に薄毛になってしまうヤバイ抜け毛は早めにケアしたいですよね。

そこで今回は正常な抜け毛とヤバイ抜け毛の違い、また早めの対処法をご紹介します。

 

女性にもある?抜け毛の特徴

一般的に女性は、男性ほど抜け毛が気にならないとされています。それにはホルモンによる機能が関係しています。

しかしそのホルモンバランスが崩れたり、体に変化が起こると女性でも抜け毛になりやすくなるんです。

 

男性のように「ツルツル」にはなりにくい

女性の薄毛の特徴は、男性のように髪の毛が完全になくなることは少ない点です。若い頃と比べて髪の毛は細くなりますが、頭頂部や生え際の髪の毛が抜けきってしまうことは多くありません。

その理由は女性と男性のホルモンに関係があります。男性ホルモンには髪の毛のサイクルを早めてしまう効果があります。それに比べて、女性ホルモンには髪の毛の成長を助ける効果があります。

そのため女性の髪の毛は、比較的年齢を重ねても成長し続ける傾向です。

 

女性の抜け毛の特徴

女性の薄毛は男性のように髪の毛が抜けるものではありませんが、年齢を重ねれば徐々に髪一本一本が細くなります。

特に男性の薄毛でも抜けやすい「頭頂部」「生え際」は、女性でも薄くなりやすいので要注意です。

また女性は男性に比べて髪の毛が細い方が多いので、さらに細くなると髪が寝てしまい、余計に薄く見えてしまいます。

 

抜け方別!正常な脱毛とヤバイ脱毛

女性の薄毛は男性のように「ツルツル」な状態にはなりにくいですが、原因によっては注意が必要な場合があります。

そこでまずは正常な脱毛とヤバイ脱毛について、それぞれ解説していきます。

 

正常な脱毛

髪の毛がいつもよりごっそり抜けると、「何か原因があるかも…•?」と心配になってしまいますよね。

しかし髪の毛は体の変化による影響が大きいです。そのため人生に幾度かの大きな体の変化がある女性には、たびたび多めの抜け毛が出ることがあります。

ですがそれは正常な髪の毛のサイクルによるものなので、放置しておいても時期に収まります。

 

抜け毛の特徴

正常な脱毛の場合、抜け毛は頭皮全体か見られます。一箇所に集中していないので、抜ける量が多くても薄毛が気になることはありません。

また抜ける髪の毛は、太く強い髪の毛であることが多いです。正常な抜け毛は健康的に育った末に、寿命として自然と抜けた髪の毛です。

そのためツヤやコシがあり、綺麗な髪の毛が多くなります。

抜ける量の目安は、50〜100本程度です。量は体質によって多少前後することもあります。

下に正常な抜け毛のチェックリストがあるので、自分の抜け毛を見ながら確認してみてください。

 

  • 手ぐしで抜けるのは数本程度
  • 1日の抜け毛の量は100本程度
  • 抜け毛だが、健康的でハリ・コシがある

 

ヤバイ抜け毛

ヤバイ抜け毛は、正常な抜け毛と違って体や頭皮の危険信号です。気づいたらすぐにでもケアを始める必要があります。

頭皮は末端の皮膚ですが、脳に最も近い皮膚でもあります。そのため体の変化に対して敏感に反応し、影響を受けてしまいます。

そのため放置しておくと毛穴が痛んでしまい、髪の毛が生えにくくなってしまうこともあるので要注意です。

 

抜け毛の特徴

ヤバイ脱毛の場合、抜け毛は局地的で、複数箇所のポイントから多く見られることがあります。もちろん全体的に抜けることもありますが、生え際やつむじなどの一箇所からごっそり抜けていると感じたら早めのケアを心がけましょう。

また抜ける髪の毛の特徴は、細く弱々しいことです。ヤバイ抜け毛は髪の毛が十分に成長できていないので、普通の髪の毛に比べて細くなります。

太い髪の毛であっても、伸び方や形がいびつなものは要注意。こちらも髪の毛が正常に育っていないサインです。

抜け毛の量の目安は、200本程度です。ただ体質によって本数は前後するので、気になる症状があった場合には早めに専門の医療機関を受診しましょう。

下にヤバイ抜け毛のチェックリストがあるので、自分の抜け毛を見ながら確認してみてください。

 

  • 手ぐしでも一度に数十本抜ける
  • 頭皮の中でも、一箇所だけが異様に抜ける
  • 1日の抜け毛の量は200本を超えている
  • 抜け毛は元気がなく、他の髪の毛に比べてやせ細っている
  • 箇所によって太さがバラバラだったり、酷くうねった抜け毛が多い
  • 抜け毛の根本にある毛包の部分が細い

 

女性の正常な抜け毛の原因と対処法

正常な抜け毛に当てはまった場合は、放置しておいても問題はありませんが、やはり早めのケアで防ぐことができます。

まずは原因を探り、対処法を解説していきます。

 

原因1:加齢

やはり女性であっても薄毛の原因になるのが「加齢」

女性は女性ホルモンの影響で髪の毛が成長しやすい環境になっていますが、年齢とともに女性ホルモンは減っていきます。

また人間の体は成人あたりを目安に、徐々に成長ホルモン減っていく傾向にあります。

主にこの二つのホルモンの減少によって、薄毛は進行していくので、年齢は薄毛にとって大敵なんですね。

さらにホルモンの影響とともに皮膚は乾燥しやすくなるので、頭皮環境は徐々に悪化していきます。

 

対処法

加齢による抜け毛を減らすためには、まずホルモンの分泌を増やす必要があります。

規則的な生活習慣やバランスのとれた食事、適度な運動など、日々の努力が体を若々しく保ってくれます。すぐに効果を出すのは難しいですが、今からでもすぐに始められることなので、ぜひ取り入れてみてください。

 

原因2:女性特有の体の変化

女性には年齢とともに初潮や閉経などの体に大きな変化が訪れます。髪の毛はそのような変化に敏感に反応するので、そういった節目に髪の毛が抜けやすくなることがあります。

しかしこれらの変化は、時間とともに体に馴染んでいくものなので、特に気にする必要はありません。

ただ抜け毛以外の変化で、体が冷えやすくなったり、血流が悪くなると頭皮環境の悪化につながります。注意しましょう。

 

対処法

体の変化に気遣い、健康を保ちましょう。

 

原因3:分娩後脱毛症

女性は妊娠・出産に際して、女性ホルモンの分泌量が増えます。そうすると女性の体にはエストロゲンという成分が増え、それが髪の毛の成長を促進します。

髪の毛が通常よりも早く成長すると、もともとの髪の毛の成長サイクルが乱れます。その乱れによって、本来なら抜けるはずだった髪の毛が、抜けずに残ってしまうことがあるんです。

しかし出産を終えると女性ホルモンの分泌量が通常時に戻り、髪の毛のサイクルも徐々に戻っていきます。

それによって抜けずに残ってしまっていた髪の毛が一気に抜け始めるので、普段よりも脱毛の量が多くなるというメカニズムが「分娩後脱毛症」です。

 

対処法

残っていた髪の毛が抜け切れば、脱毛量は減少します。分娩後なので健康に気をつけ、徐々に生活に慣れていきましょう。

【最新版】産後の抜け毛いつまで続く?特徴や原因、改善対策をわかりやすく徹底解説!
赤ちゃんを産んでから抜け毛がひどい…止まらない…。 これ、正式には「分娩後脱毛症」というもので、出産を経験した女性の多くが経験するものです。 とはいえ、産後の抜
2018-01-24 17:29

 

原因4:髪の毛の成長サイクル

意外かもしれませんが、髪の毛は一定期間成長すると、次の成長のために休止期間が訪れます。

基本的に髪の毛は2〜7年程度伸び続ける「成長期」、成長が遅くなる「退行期」、そして次の成長のための準備期間である「休止期」。このようなサイクルで髪の毛は生まれ変わっていきます。

「退行期」「休止期」には、髪の毛は成長するよりも抜ける量の方が多くなります。しかし期間としては約3〜4か月の間なので、長めに見ても半年程度で収まるとされています。

 

対処法

退行期・休止期には、ある程度目安の期間があります。その期間を大幅に延長してしまっている場合には、専門の医療期間を受診しましょう。

 

女性のヤバイ抜け毛の原因と対処法

正常な女性の抜け毛は放っておいても問題はありませんが、「ヤバイ抜け毛」の場合には早めのケアが肝心です。

症状や原因に思い当たる点がある場合には、改善をおすすめします。

 

原因1:ストレス

頭皮はストレスに大変大きな影響を受けてしまいます。その理由は、髪の毛を作り出す細胞がストレスによって阻害されてしまうためです。

またストレスは血管を収縮させてしまったり、体を緊張状態にしてしまいます。それによって髪の毛が健康に成長できなくなり、やがて抜け毛の原因となってしまうんです。

 

対処法

できるだけ生活の中で、ストレスを解消する場所を作りましょう。

解消法は人それぞれだと思いますが、オススメなのが「ヘッドスパ」や「ヘアトニック」です。

これらには癒し効果だけでなく、直接頭皮のストレスをとる効果があります。精神的なストレス解消もできて一石二鳥ですよね。

 

原因2:紫外線

紫外線には「活性酸素」が含まれています。この成分は人間の老化を早めてしまう効果があるので、薄毛を助長させます。

多少の老化であれば問題ありませんが、やはり紫外線の浴びすぎは体のさまざまな機能に影響を及ぼします。

髪の毛を守るためだけでなく、紫外線はできるだけ浴びないように心がけていきたいですね。

 

対処法

夏場だけでなく、他の季節もしっかり紫外線対策をしましょう。

日焼け止めだけでなく、日傘をさしたりサングラスをかけるなど、ちょっとした紫外線対策で「活性酸素」を減らすことができます。

 

原因3:食生活の乱れ

忙しい日々が続くと、ついつい外食やお惣菜で済ませてしまうことが増えますよね。

しかし外食などには脂質や糖分が多いとともに、髪の毛を作るために必要な成分が少ない傾向があります。余分な脂質や糖分は髪の毛の成長に必要な栄養を偏らせ、薄毛の原因を作ってしまいます。

また髪の毛は、ビタミンやたんぱく質によって作られます。特に穀物や野菜、果実など不足しがちな栄養素に含まれているので、積極的にとっていきたいですね。

 

対処法

できるだけ脂質や糖分が少ない食事を心がけましょう。また野菜やビタミンを豊富に含む果実を積極的に摂取し、食事の栄養バランスを意識する必要があります。

可能であれば自炊中心の食生活ができるといいですね。それが難しい場合には、購入するメニューに気を使い、バランスをとっていきましょう。

 

原因4:睡眠不足

人間の体は、寝ている間にもっとも成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは肌や髪の毛の生まれ変わりをサポートするので、抜け毛対策には重要な要素です。

しかしそんな睡眠時間がしっかり確保できていないと、成長ホルモンは分泌されません。すると髪の毛は段々とやせ細ってしまいます。

 

対処法

1日に6時間以上の睡眠時間が取れるように心がけましょう。時間に余裕がある方は、8時間くらい眠れるといいですね。

また眠る時間も大切で、午後10時から午前2時の間に眠ると、成長ホルモンがより多く分泌されます。

お肌の健康を助ける「ゴールデンタイム」ですが、実は髪の毛にも大切な時間なんです。

 

原因5:喫煙・飲酒

過剰な喫煙や飲酒が体に悪影響なことは有名な話ですが、実は髪の毛にも影響するんです。

その理由は、喫煙や飲酒が髪の毛を作るための成分「シツチン」を大量に消費するためです。シツチンが消費されてしまうと髪の毛が成長しづらくなり、細いまま抜けていってしまいます。

 

対処法

1日に大量に喫煙・飲酒をしている方は、少しずつ控えていきましょう。

また喫煙や飲酒は生活習慣や食生活を乱してしまうので、さまざまな側面で髪の毛に悪影響です。

現在は喫煙や飲酒に対する専門外来もあるので、気になった方は受診してみるのも良いでしょう。

 

パーマ・カラー

普段何気なく行っているパーマやカラーにも実は落とし穴があります。

パーマやカラーは「薬剤」です。そのため皮膚に大量に付着すると、化学反応を起こして髪の毛が抜けやすくなってしまうことがあります。

また肌質によって、肌を荒れさせてしまうこともあるので要注意ですね。

特に自分でパーマ・カラーをする場合には、しっかり染めるために頭皮に薬剤がついてしまう量が増えます。

さらに今までは肌に影響がなかったパーマ・カラー剤でも、体のちょっとした変化によって、急に症状が出てしまうこともあります。初めて使うものではなくても、危険がないわけではありません。

 

対処法

自分でパーマ・カラーをするのではなく、美容室などでプロにお願いするのもおすすめです。頭皮に付着する薬剤の量をできる限り減らしてくれるので、頭皮が荒れる心配も少なくなります。

また自分でパーマ・カラー剤を使用するときには、毎回必ずパッチテストを行ってください。肌のかぶれなどがあったら、ちょっともったいなく感じるかもしれませんが、使用を中止した方が無難ですね。

 

原因6:不適切なケア

髪を守るためにやっているケアにも、実は抜け毛の原因があります。

女性に多いのがトリートメントやヘアケア剤のつけすぎ。髪には良いかもしれませんが、頭皮には刺激が強い場合があります。

またヘアケア剤も肌に合わないものを使ってしまうと、徐々に頭皮環境が悪化してしまう恐れがあります。

 

対処法

パーマ・カラー剤と同様に、ヘアケア剤も定期的にパッチテストを行いましょう。敏感肌用や、ボタニカル処方のものでも、肌荒れの可能性はあります。

またヘアケア剤の量は、規定の容量を守ってください。つけすぎは頭皮環境を悪化させかねません。

 

原因7:脱毛症

体のさまざまな要因によって、脱毛症を発症することがあります。

特に注意が必要な「円形脱毛症」「びまん性脱毛症」について解説していきます。

「円形脱毛症」は主に過度なストレスなどが原因で発症する症状です。頭皮の一部が円形型に集中的して脱毛する症状で、男女ともに見られるものです。

「びまん性脱毛症」は「女性男性型脱毛症」と同様の症状で、頭皮の広範囲から脱毛が見られます。こちらの症状にも男女差がなく、女性でも徐々に薄毛が進行していきます。

 

対処法

脱毛症を改善するためには、専門の医療機関の受診がオススメです。

円形脱毛症などのストレスが原因の抜け毛でも、毛穴が傷んでしまっている恐れがあるので、治療するのが良いですね。

またびまん性脱毛症なども、患者自身で改善するのが難しい症状です。しかし早めのケアによって進行を遅らせたり、また髪の毛を生えやすくすることができるので、医師に相談しましょう。

女性の薄毛【びまん性脱毛症】原因&対策を日本一分かりやすく解説します!
この記事は薄毛・抜け毛に悩む女性のために書いたものです。男性向けに書いたものではありませんので男性の方はご退場ください。 抜け毛が増えてきた… 髪のボリュームが
2018-01-21 20:19

見逃せない抜け毛には早めのケアを!

女性の抜け毛にはさまざまなサインがあります。放置しても大丈夫なものもありますが、後々薄毛を促進させるものもあります。

女性で薄毛治療をするのは少し抵抗があるかもしれませんが、早めのケアが改善の近道です。

ただの抜け毛と思わずに、適切な対処を心がけましょう!

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す