【薄毛対策】女性のための医療用ウィッグの相場価格とおすすめショップ7選!

抗がん剤治療などによる一時的な脱毛(薬剤性脱毛症)を隠すアイテムとして今注目を浴びている医療用ウィッグ。

通常のウィッグと比べても非常に精巧に作られていて、見た目も非常にナチュラルです。

 

ただし、医療用ウィッグはいざ脱毛が始まってから用意するよりも治療前に事前に準備することが大切です。

しかし、色んな種類やショップがありすぎて、どんなものを選んだら良いのかわからない方も多いのでは?

 

そこで今回は、女性のための医療用ウィッグの相場価格やおすすめショップ、さらに選ぶときのポイントなどをご紹介します。

医療用ウィッグ選びで失敗しないためにも、ぜひご参考にしてくださいね。

 医療用ウィッグとは

医療用ウィッグとは、抗がん剤治療による脱毛で悩まれている方が、一時的に着用するかつらのことをいいます。

この医療用ウィッグの特徴は、デリケートな頭皮でも安全にストレスなく使用できるように配慮して作られている点です。

また、より安全に安心して使用できるように、医療用ウィッグは「JIS規格化」されています。

このJIS規格では、直性頭皮に接触する部分に対する皮膚刺激性や有害物質などの検出度、さらに耐久面の性能などが細かく定められています。

このような医療用ウィッグのJIS制定によって、性能などの基準が明確となり、医療用ウィッグを必要としている脱毛症の方が安心して使うことが可能になったのです。

女性の医療用ウィッグの相場価格の決め手はこの2つ!

1. オーダータイプによって価格が大きく変わる!

医療用ウィッグは種類によって価格に違いがあり、選んだ材質やオプションなどによっても料金は変わります。

医療用ウィッグの種類には、「既製品」「セミオーダー」「フルオーダー」の3タイプがあります。

既製品の価格相場は約1万円~約10万円程度です。

セミオーダーのウィッグは、8割がた出来上がっている製品の中から選び、希望のスタイルやサイズに調節してもらうことができます。

このため、セミオーダーのウィッグを作るには専門的な技術と知識が必要になる分、価格も約5万~約30万円と高くなります。

フルオーダーの医療用ウィッグの場合はさらに高額になり、約30万~約40万程度になります。

2. ウィッグの毛質によっても価格が変わる!

医療用ウィッグの材質の中では、人毛が一番高額になります。

しかし、事前にパーマやカラーができたり、ヘアアイロンなどでアレンジができたりするなどメリットもあります。

また、自然な髪の毛としてケアしたり、セットしたりすることができる点も魅力です。

人工毛は、値段は安価でヘアスタイルをキープしやすいです。

ミックス毛は、人毛と人口毛の中間あたりの価格で、洗髪してもスタイルを維持しやすいです。

オプションでウィッグの手入れ道具なども注文した場合は、その分の料金もかかります。

女性の医療用ウィッグのおすすめ通販ショップ7選!

1.スヴェンソン

出典:https://ladys.svenson.co.jp

スヴェンソンの医療用ウィッグは、前後左右のどんな頭の動きに対してもしっかりフィットするように、包み込むような深めの構造をしている点が特徴の一つです。

もみあげの部分もカバーしてくれるので、ずれたり浮いたりする心配がない点も魅力です。

また、抗がん剤治療中の髪の変化に合わせて、無料でサイズ調節をしてもらえます。

さらに、スヴェンソンで使用されている人毛や人工毛は品質も良く、再現性にも優れているため、ウィッグだと気づかれにくいところも嬉しいです。

つむじ部分に実際の頭皮のようにみえる「人口皮膚」が付いている商品もあります

スヴェンソンの公式サイトはこちら!

2.アクアドール

出典:https://aquadollwig.jp/medical

アクアドールの医療用ウィッグは、つむじ部分に頭皮のようなスキンネットを使用して、一本一本手で植えて作られています。

このため、ウィッグ感がなく自然なヘアスタイルで安心して過ごすことができます。

また、100%総手植えである分、通常のウィッグよりも軽く着け心地にも期待できます。

他社と比べると低価格ですので、傷んだら気軽に買い換えられる点も魅力的です。

デザインも、トレンドを押さえたおしゃれで可愛いヘアスタイルが多くあります。

アクアドールの公式サイトはこちら!

3.リネアストリア

出典:https://ilovewig.jp/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=sitename?argument=b5kDrKzq&ai=23

リネアストリアの医療用ウィッグは、手作業で丁寧に植毛されているため、頭皮に髪の毛がはえているような自然さが再現されています。

ウィッグそのものも軽いため、快適に過ごすことができます。

また、全てのウィッグに大きさが調節できるアジャスターがついているため、抗がん剤治療中の髪の状態に合わせて使い続けることができます。

医療用ウィッグの無料貸し出しサービスもあるため、自宅で気になるウィッグを試せる点も嬉しいですね。

リネアストリアの公式サイトはこちら!

4.アンベリール

出典:http://www.katsura-iryou.jp

アンベリールでは、医療用ウィッグを今までしていたヘアスタイルや、チャレンジしたいヘアスタイルになんと無料で調節してもらえます。

参考となるヘアスタイルの画像をメールで送ることで、ご希望のスタイルにアレンジしてもらえるので、遠出する必要がなく手軽に注文することができます。

さらに、使用を続けて毛髪が傷んでしまっても、メンテナンスとして出すことで綺麗な毛髪に戻してもらえるんです。

通気性も良いため、夏場でも快適に使用することができます。

アンベリールの公式サイトはこちら!

5.フィットミー

出典:https://www.fitme.jp

フィットミーの医療用ウィッグは、インナーキャップの取り外しにより、抗がん剤治療中の毛量の増減にも柔軟に対応できるように開発されています。

このインナーキャップの取り外しによって、ウィッグの外側だけでなく深さを調節することができます。

さらに、敏感肌の方でも安心して使用できるように、ウィッグとインナーキャップには抗菌や消臭などの効果が期待できる加工がされています。

植毛されてる毛髪の結び目がデリケートな地肌に触れないように、二重ネット仕上げになっている点も嬉しいですね。

フィットミーのデザインは自然さがあるだけでなく、人気のあるスタイルやカラーもあるためおしゃれも楽しめます。

また、高品質でありながらリーズナブルな点も魅力です。

フィットミーの公式サイトはこちら!

6.ライツフォル

出典:https://www.reizvoll-medical.jp

ライツフォルの医療用ウィッグは、特許を所得した独自開発の植毛針を用いて、熟練した職人さんの手によって丁寧に作られています。

つむじ部分に使用されている人工肌の面積が大きいため、分け目を好きな位置に自由に変えることもできるため、自然なヘアスタイルで安心して過ごすことができます。

ウィッグの裏側には、通気性の良い2重ネットが使用されているため、熱や汗を解散してムレにくく、着け心地も快適です。

ズレ防止や簡単にサイズ調節ができる機能もついているため、毛量の増減にも柔軟に対応することができます。

ライツフォルの公式サイトはこちら!

7.アーバンヘアミキ

出典:http://medical-miki.com

アーバンミキの医療用ウィッグは、敏感な頭皮にあたる下地ネットに安全と認められたメディカルシリコンが施されています。

また、帽子をかぶるように簡単につけることができる「イージー・フィット」などもあります。

セミオーダーやフルオーダーの場合は、2年間メンテナンスが無料にできる点も安心です。(ご来店した場合に限ります)

さらに、既製品のウィッグのカットやカールの微調整も無料でできます。

アーバンヘアミキの公式サイトはこちら!

医療用ウィッグを選ぶときの注意ポイント3つ!

1. 重さといった体への負担は大丈夫?

医療用ウィッグは、抗がん剤治療中といった体力が厳しい状態の際に使用するウィッグですので、なるべく軽くて体に負担がかかりにくいものを選ぶことが大切です。

ホームページなどで「軽い」と書かれているウィッグであったとしても、無料で試せるメーカーのものは購入前に実際に試着してみることをおすすめします。

2. 毛質は適切か?

人毛や人工毛かどうかは価格だけの問題ではなく、見た目や耐久性、手入れのしやすさなども違ってきます。

長時間ウィックを使用する可能性が高い場合は、耐久性があって洗髪がしやすい人毛タイプをおすすめします。

長時間ではなく、時々使用する程度で耐久性などを重視しない場合は、お好みに合わせて人工毛などを選んでも良いでしょう。

このように、使用する頻度なども考えた上で好みの毛質を選びましょう。

3. サイズの調節ができるか?

医療用ウィッグを選ぶ際は、抗がん剤治療によって起こる脱毛に対して柔軟に対応できるように、サイズの調節ができるものが望ましいです。

購入する前に無料で試すことができる場合は、事前にサイズの調節方法なども確認しておくといざというときに安心です。

医療用ウィッグのサイズ調節は、なるべく簡単にできるものを選ぶとよいでしょう。

着け心地

着け心地は、ウィッグを使用する時間が長いほど重要なポイントです。

ウィッグの製法や裏地などの素材はメーカーによって様々ですので、ご自身にとって満足できるウィッグを見つけるためには、購入する前に多くのメーカーのものを試してみましょう。

試着する際は、サイズだけでなく通気性や使用している素材、毛質など細かくチェックすることも大切です。

まとめ~なるべく試着して自分に合う医療用ウィッグを見つけよう~

女性の医療用ウィッグは、自然に見えるだけでなく好みのヘアスタイルにアレンジできるものや、機能性に優れているものも多くあります。

また、メーカーによって価格や特徴にも大きな違いがあります。

デリケートな頭皮につけるものだからこそ、購入する前に気になる商品を試してみることが大切です。

様々なメーカーのものをチェックして、お気に入りの医療用ウィッグを見つけましょう。

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す