女性がヘアカラーやパーマで抜け毛がひどくなる理由今すぐ始めたい対策7つ|育毛レシピちゃん

女性の抜け毛の原因には、実はヘアカラーやパーマによる影響も考えられます。

しかし、ヘアカラーやパーマは女性がおしゃれを楽しむためには欠かせないものの一つですよね。

「ヘアカラーやパーマをしたいけど抜け毛が心配でできない…」と感じる方も多いかもしれません。

 

そこで今回は、ヘアカラーやパーマをしている人に始めて欲しい7つの対策をご紹介します。

抜け毛を気にせずに、ヘアカラーやパーマをして好きなヘアースタイルを楽しみたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

なぜヘアカラーやパーマをすると抜け毛がひどくなるの?

ヘアカラーやパーマを頻繁にすると、髪が傷んで抜け毛の原因に繋がるといわれていますが、実はヘアカラーやパーマによる抜け毛は、髪ではなく頭皮がダメージを受けています。

頭皮が荒れてしまうと、毛母細胞や毛乳頭に影響を与えてしまうため、新たに生えてくる髪が抜けやすくなるのです。

その結果、毛周期が乱れてしまうと、新しい髪の毛が生えにくくなる可能性もあります。

1. ヘアカラーが頭皮や髪に影響を与える理由

カラーリング剤には、頭皮を荒らす原因になる酸性染料が多く含まれています。

また、アルカリ性のカラーリング剤は、髪のキューティクルを開かせて毛髪内部に薬剤を浸透させる作用があります。

しかし、開いたキューティクルはすぐに閉じることはなく、カラーリングの場合は染めてから約1ヶ月間は、アルカリ性の影響でキューティクルが開いて傷つきやすい状態になっているのです。

さらに、酸化染料のカラーリング剤は、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすく、使用することで頭皮のかゆみや赤みなどを引き起こす可能性があります。

2. パーマが頭皮や髪に影響を与える理由

パーマ剤も、強いアルカリ性であるため刺激が強く、弱酸性の頭皮に炎症を起こす原因になります。

また、キューティクルが剥がされたり、傷みやすくなってしまうのです。

デジタルパーマの場合は、薬剤と熱を両方使用するため、髪の毛にとっても負担が多いです。

ヘアカラーやパーマを楽しむために今すぐ始めたい7つの対策

1.アミノ酸系のシャンプーを使う

ヘアカラーやパーマをした場合、普段使うシャンプーも頭皮や髪に優しいアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

洗浄力が強いシャンプーを使ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、その結果皮脂の過剰分泌やフケなどがでる可能性があります。

すると、毛穴が詰まって毛根が弱ってしまうため、抜け毛の原因にも繋がってしまうのです。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力は強くありませんが、汚れを落として必要な皮脂は残してくれるため、抜け毛を抑えることができます。

さらに、傷んだ髪を補修する力もあるため、ヘアカラーやパーマで傷んだ髪には特におすすめです。

2.シャンプーは少なめの量で優しく洗う

抜け毛を抑えるためには、シャンプー液は十分に洗い流すことが大切です。

しかし、シャンプーをする際に一度に沢山の量を使ってしまうと、洗い残しに繋がります。

洗い残しがあると、炎症といった頭皮のトラブルを招いたり頭皮環境を悪化させたりする恐れがあります。

洗い残しを防ぐためにも、シャンプーは少量(500円玉程度)だけ使うように気をつけましょう。

3.リンスとトリートメントは一緒に使わない

ヘアカラーやパーマをしたら、傷んだ髪をケアすることは大切ですが、リンスとトリートメントを一度に使ってしまうと、頭皮への負担が大きくなってしまいます。

ヘアカラーやパーマをした場合は、特に頭皮に優しいケアをすることが望ましいので、髪の毛をサラサラにしてくれるリンスやトリートメントは、1種類に絞りましょう。

4.ドライヤーは長時間あてない

抜け毛を抑えるためには、髪を洗った後はドライヤーを使って十分に乾かすことが大切です。

しかし、長い時間ドライヤーを当ててしまうと、頭皮や熱に弱いキューティクルに悪影響を与えてしまう恐れがあります。

ですから、ドライヤーをかけるときは、長時間あてすぎずに根元から毛先に向かってかわかすことを心がけましょう。

このときに、ドライヤーを揺らしながら風をあてることで、熱で頭皮が乾燥することを防ぐことができます。

また、ドライヤーと髪の距離が近いと、熱で髪が傷む恐れがあるため、20cm程度離してかけるようにしましょう。

5.パーマ後2~3日は、髪や頭皮に刺激を与えない

パーマをかけると、パーマが定着するまでに約1週間程度時間がかかります。

その1週間の間、アルカリ性の薬液は髪の内部に残るため、薬剤によって開いたキューティクルが内部の細胞を守れずに、髪に大切なタンパク質などが流出する恐れがあります。

ですから、パーマをした2~3日後までは、過度なシャンプーや強いブラッシングなどで髪や頭皮に刺激を与えすぎないように注意しましょう。

6.食事や生活習慣を見直す

抜け毛を抑えるためには、ヘアケアだけでなく普段の生活習慣を見直すことも大切です。

栄養バランスが偏った食事は、髪の成長に必要な栄養素を不足させてしまいます。

食事は、髪の成長に必要なタンパク質やビタミン、亜鉛といったミネラル類をバランス良く摂ることを心がけましょう。

また、毎日質の良い睡眠をとることで、髪の成長に役立つ成長ホルモンが分泌されたり、抜け毛の原因に繋がるストレスが緩和したりします。

7.紫外線対策をする

紫外線は、シミの原因になるだけでなく、頭皮に刺激を与えて弱らせてしまう恐れがあります。

また、紫外線を浴びると、細胞を酸化させる活性酸素が過剰に発生し、髪の毛をつくる毛母細胞にダメージを与えて抜け毛の原因になります。

紫外線による抜け毛を避けるためには、帽子や日傘を使用して紫外線をカットして、頭皮と髪を守りましょう。

まとめ~抜け毛対策をしておしゃれな髪を楽しもう~

ヘアカラーやパーマは、女性をさらに魅力的にしてくれるものですが、頭皮や髪に負担をかけるため、抜け毛を増やす原因に繋がる可能性があります。

しかし、正しい抜け毛対策を心がけることで、抜け毛を抑えて素敵なヘアースタイルを維持することができるのです。

ヘアカラーやパーマを使用したおしゃれを長く楽しむためにも、この記事でご紹介した対策を始めてみてくださいね。

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す