パントガールの成分解折!おすすめはインターナショナル版とオーストリア版どっち?

女性の薄毛の改善に役立つパントガール。

実はパントガールには、インターナショナル版とオーストリア版があるって知ってました?

もしかしたら知ってる人の中には「どっちがいいの?何が違うの?」と悩まれた方もいるかもしれませんね。

 

そこで今回は、パントガールのインターナショナル版とオーストリア版の違いやそれぞれの特徴を解説します。

この2つのパントガールで悩まれている方や、これからパントガールを取り入れようとお考えの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

そもそもパントガールとは?

出典:https://www.pantogar.at/

パントガールは、女性の抜け毛や薄毛などの治療に有効な飲み薬で、世界中で処方されています。

女性の抜け毛や薄毛を改善し、発毛を促進する内服薬として世界で初めて認められ、安全性も高いです。

 

薄毛に悩む女性に多い症状の一つに、「びまん性脱毛症」と呼ばれるものがあります。

このびまん性脱毛症とは、髪の毛が細くなって頭髪全体が薄くなることをいい、中年以降の女性に多く見られます。

パントガールは、そんな女性特有のびまん性脱毛症に有効であり、ドイツをはじめ世界30カ国以上で使用されているのです。

インターナショナル版とオーストリア版の違いは?

パントガールには、スイスで製造されるインターナショナル版とオーストリアで製造されるオーストリア版の2種類があります。

このインターナショナル版とオーストリア版では、実は成分に大きな違いがあるんです。

パントガールのインターナショナル版の成分

・パントテン酸カルシウム(60mg)

・L-シスチン(20mg)

・ケラチン

・ビタミンB1

・薬用酵母

・パラアミノ安息香酸

・インジゴチン(E172色素)

パントガールのオーストリア版の成分

・パントテン酸カルシウム(60mg)

・L-シスチン(220mg)

・セルロース

・ステアリン酸マグネシウム

・ポリビニルピロリドン

・二酸化ケイ素

・ゼラチン

・二酸化チタン(E171色素)

・酸化鉄(E172色素)

・染料

このように、パントガールの主成分であるパントテン酸カルシウムはどちらも60mg程度含まれていますが、L-シスチンの量に大きな違いがあります。

L-シスチンはアミノ酸の一種であり、髪の主成分である「ケラチン」に多く含まれています。

オーストリア版には、このL-シスチンがインターナショナル版よりも多く含まれています。

 

しかし、オーストリア版には、インターナショナル版に含まれているケラチンやビタミンB1、パラアミノ安息香酸が含まれていません。

ビタミンB1と薬用酵母は、髪の成長に役立つ成分で、パラアミノ安息香酸は髪のアンチエイジング効果に期待できる成分です。

 

また、インターナショナル版とオーストリア版では、着色料といった添加物の量にも違いがあります。

インターナショナル版とオーストリア版では効果に違いがある?

前項でご紹介したように、パントガールのインターナショナル版とオーストリア版では含まれている成分に違いがありますが、実は効果に大きな差はないと言われています。

L-シスチンの量はオーストリア版の方が多いですが、インターナショナル版にはその分ケラチンや他の有効成分が含まれています。

パントガールの主成分であるパントテン酸は、どちらにも同じ量が含まれています。

 

このようなことから、インターナショナル版とオーストリア版では効果に大きな違いはなく、どちらも薄毛の改善に期待することができるのです。

インターナショナル版とオーストリア版はどっちがおすすめ?

パントガールのインターナショナル版とオーストリア版では効果に大きな違いはありませんが、どちらかを選ぶとするならば、当サイトでは髪に良い有効成分が多く含まれているインターナショナル版をおすすめします。

 

インターナショナル版に含まれているビタミンB1は、エネルギーの代謝や血流を促進してくれるため、髪だけでなく体の健康維持にも役立つ成分です。

また、薬用酵母は、頭皮の環境維持して強い髪づくりをサポートしてくれます。

そして、パラアミノ酸は薄毛や抜け毛だけでなく、白髪にも効果が期待できる成分です。

 

このように、インターナショナル版は薄毛の改善だけでなく、健康維持や白髪の抑制にも役立つ成分が含まれている点が魅力的です。

パントガールを選ぶなら「インターナショナル版」がおすすめ

↑画像クリックで通販サイトへ

必ず知っておきたパントガールの副作用リスク

パントガールには、育毛効果の副作用として

  • 胸のむかつき
  • ガス溜まり
  • 腹痛
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 動悸
  • 紅斑

などが報告されています。また、まれなケースとして、

  • 発汗
  • 頻脈
  • 心拍の加速
  • 発疹
  • かゆみ
  • 蕁麻疹
  • 胃腸の胸やけ
  • イントレランス・リアクション

などといった症状も報告されています。

症状には個人差がありまったく副作用の症状が出ない人もいますが、医薬品成分が含まれている以上はこういった可能性もあることを理解したうえで、自己責任で使用してください。

 最後に ~リスクをできるだけ最小限に抑えるならAGA専門のクリニックへ~

パントガールは内服薬ですので、インターナショナル版とオーストリア版のどちらを使うにしても副作用リスクは伴います。

個人輸入代行で安価で購入することもできますが、その場合はすべて自己責任になるうえに中には品質が好ましくないものも含まれているという噂もあります。

不安な方はきちんと専門医に相談したうえで使用されることをおすすめします。

 

また女性専門のAGAクリニックを受診することで、一人一人に適した治療法を判断してもらうこともできます。

パントガールに限らず治療薬を購入する際は、自己判断ではなく専門のお医者さんに相談した上で処方してもらいましょう。

女性専門の薄毛クリニックは下で紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す