【最新版】産後の抜け毛いつまで続く?特徴や原因、改善対策をわかりやすく徹底解説!

赤ちゃんを産んでから抜け毛がひどい…止まらない…。

これ、正式には「分娩後脱毛症」というもので、出産を経験した女性の多くが経験するものです。

 

とはいえ、産後の抜け毛はその脱毛量から期間まで人によって個人差があるもの。

先輩や友達に相談してもなかなか意見がバラバラで「もしかしてワタシだけ…」などと不安になりがちですよね。

 

そこでここでは、正しい知識をもってできるだけ早く改善するために、分娩後脱毛症のすべてをまるっと解説していきます。

産後の抜け毛の一般的な期間や特徴、そもそもの原因からメカニズム、できるだけ早く治すための改善対策まで、できるだけ分かりやすくお伝えすることを心がけてみました。

現状で今まさに産後の抜け毛でお悩みのママさん、これから脱毛が始まるというママさんはぜひ参考にしてくださいね。

 

産後の抜け毛はいつからいつまで?一般的な期間は?

分娩後脱毛症は、一般的には産後すぐから2~3ヶ月までの間に発症する人がほとんど。

そこから6ヶ月ほど経てば抜け毛も治まりヘアサイクルとともに元通り回復するケースが多いのですが、ここでも個人差があります。

産後の抜け毛は、産後すぐ~6ヶ月後まで!(個人差あり)

 

なかにはまったく抜け毛がなかったという人もいれば、産後一年ほど経過しても抜け毛がおさまらず、頭皮が透けてみえるくらい薄毛になってしまう人も……。

あまり人と比べると不安になるのでそこまで気にする必要はありませんが、だいたいヘアサイクルが正常に戻るまで最低でも3ヶ月程度はかかります。

なので、あくまで目安にはなりますが抜け毛が始まってから半年くらいはみておいた方がいいでしょう。

 

分娩後脱毛症の代表的な4つの特徴って?

特徴1. 産後、急激に抜け毛が増える

出産前はとくに何もなかったのに、産後になって急に抜け毛が気になりはじめたらまず分娩後脱毛症と思って間違いないです。

女性の脱毛症でほかにも多いのが、びまん性脱毛症FAGA(女性男性型脱毛症)、慢性休止期脱毛症などがありますが、いずれも基本的には加齢とともに40代以降から少しずつ抜け毛が増えてきて進行するケースが多いです。

分娩後脱毛症のように急激に抜け毛がひどくなるようなことはありません。

特徴2. 硬くてしっかりした毛が抜ける

分娩後脱毛症の抜け毛は、硬くてしっかりした長い抜け毛が多いのも特徴の一つ。

ちなみに慢性休止期脱毛症も、産後の抜け毛と同じで硬くてしっかりした抜け毛が多いのですが、これは名前の通り慢性的に少しずつ進行するものなので、産後の抜け毛のようにいきなりひどくなることはありません。

特徴3. 前髪が薄くなることもある

女性に多い薄毛は、頭頂部などから髪全体が薄くなるケースが多いのですが、産後の抜け毛の場合は前髪だけがとくに抜け落ちて量が減ってしまうケースもあります。

前髪が薄くなるとヘアスタイルも限定されてくるうえに、整えるのも難しいですよね。女性にとっては一時的な脱毛とはいえ大問題です。

特徴4. 治りかけに入るとアホ毛がすごくなる

 

産後の抜け毛が治りかけてきて新しい毛が生えてきたときは、新しい髪と古い髪が不自然に入り混じったような形になります。

前髪や頭頂部など、あちこちから新しく元気な毛が生えてくるので、髪がきれいにまとまらずいわゆるアホ毛がピンピン飛び出たような状態になりがち。

でもこれも時間が経てば自然とマシになってきます。

 

産後の抜け毛(分娩後脱毛症)原因はたった一つ!そのメカニズムとは?

産後の抜け毛、最大の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減少にあります。

ただこう言うと、女性に多い脱毛症であるびまん性脱毛症やFAGAなども歳とともに減る女性ホルモンのが影響しているので、まったく同じ原因なの?と思う人がいるとかもしれませんが、実はちょっと違います。

ここから、ちょっと詳しくメカニズムについてお話しますね。

産後の抜け毛が起こるメカニズム

妊娠後期になると、女性ホルモン(エストロゲン)が増加する影響でヘアサイクルの成長期が長くなって、退行期に移行しなくなります。

ところが、出産後は2~3カ月でエストロゲンの量がもとに戻り、ヘアサイクルも成長期から急速に休止期に移行します。

そうするとそれまでの成長期で大量に生えた毛髪が休止期に入って、一気に脱毛が起こるわけです。

ヘアサイクル(毛周期)とは?

人間の髪の毛は細胞と同じように常に新しいものに生まれ変わっていて、抜けて生えてを数年単位で繰り返しています。

この髪の生え変わりサイクルを毛周期(ヘアサイクル)といって、髪が育ち続ける成長期、髪の成長が止まる退行期、髪が抜け落ちる休止期、この3つに分類されながらグルグルと回っています。

  1. 成長期(約2~6年):髪の毛が生えどんどん成長する時期
  2. 退行期(約2週間):髪の成長が止まる時期
  3. 休止期(約3~4ヶ月):髪の毛がいつ抜け落ちてもいい時期

 

つまり産後の抜け毛(分娩後脱毛症)の場合は、女性ホルモンが単純に減ったわけではなく、妊娠によって増えていたた女性ホルモンが出産によって元にもどっただけ。

「もともと抜けるハズだった髪の毛がせき止められていて、今まとめて抜けている」と考えると、少しは気持ちも楽になりませんか?

ちなみに、ピルを飲んでいる女性が服用を中止すると抜け毛が増えることがありますが、これは産後の抜け毛が起こるメカニズムと同じです。

ピルは女性ホルモンのエストロゲンを補給する薬なので、服用を止めると増えたエストロゲンが一気に減って脱毛が起こります。

 

 

産後の抜け毛を長引かせる3つの要因って?

産後の抜け毛の最大の原因は先ほどお話したとおりですが、じつはそれ以外にも抜け毛を長引かせる、ひどくさせている要因は考えられます。

どれも妊娠や出産、育児に関連したことなので、いずれかに当てはまるママさんも多いのではないでしょうか?

要因1. 子育てによるストレス

産後の抜け毛がはじまる出産後すぐは、どうしても赤ちゃん中心の生活になるので、今までは違う生活リズムで知らずしらずの間にストレスが溜まりやすくなります。

とくに初産の方は、何もかも初めてのことで心身ともに疲れやすいでしょう。

さらに、子育てを手伝わない旦那へのイライラ、思いやりに欠ける周言動など、お母さんは大変です。

そもそもストレスは脱毛症の引き金になったり、脱毛を助長するなど頭皮にとってもカラダにとっても良くありません。

産後の抜け毛もさらに加速させ長引かせてしまう要因にもなります。

要因2. 赤ちゃんの夜泣きによる睡眠不足

子育てによるストレスとも関連しますが、赤ちゃんの夜泣きによってまとまった睡眠がとれず、ママは慢性的な睡眠不足になりがちです。

赤ちゃんって本当に、2時間おきとかに泣くんですよね…。

睡眠不足が続くと、髪の細胞がつくられにくくなったり成長しにくくなったりで、抜け毛も増えるし髪も細く痩せてしまいます。

もしまとまった睡眠時間を確保するのが難しいとしても、なんとか自分なりに短時間で良質な睡眠を得られるように工夫したり、旦那や家族など周囲への協力を求めることも大事です。

要因3. 出産後の過度なダイエット

妊娠期に太ってしまった体重をなんとかもとに戻そうと、産後まもなく必死に食事制限をしたりダイエットに励むママさんもいますが、それも産後の抜け毛を助長してしまう要因になりかねません。

とくに急激に体重を減らすと、自律神経が乱れその結果女性ホルモンの分泌量まで減少してしまいます。

また栄養不足になると、髪の毛が成長できず抜け毛がさらに増えたり髪がやせ細る原因にもなります。

 

産後の抜け毛がひどい時にオススメする効果的な7つの改善対策!

産後の抜け毛は、一般的には時間とともに治まってきて回復するのでさほど心配は要りません。

あまり心配してストレスをため込まずに、気長に待つことも大事です。

ただしその特徴でもお話しした通り、個人差が大きく中にはなかなか抜け毛がおさまらない人、どんどん悪化して薄毛にまでなってしまう人もいます。

そういった方は、ぜひ以下の改善対策を試してみてください。

対策1. 女性用の育毛剤を使用すべし!

育毛剤というと男性向け商品というイメージをもつ人もいるかもしれませんが、最近では女性用の育毛剤もたくさんのメーカーから販売されています。

とくに産後の抜け毛に効く成分が配合された、授乳期のママさんにも無添加で優しい育毛剤があるのでここで紹介しておきます。

このベルタ育毛剤はとくに20代~30代の産後の抜け毛対策に人気のある女性用育毛剤です。

対策2.  血行を促進する頭皮マッサージもすべし!

女性用の育毛剤を使用しながら頭皮マッサージも行うことで、血流を促進しより有効成分が頭皮の奥まで浸透しやすくなります。

ただし、頭皮マッサージだけでは一時的に血流が良くなるだけなので根本的な対策としては不十分。

育毛剤と併用しながら継続して毎日することに意味があります。

 

※動画 例)頭皮マッサージのやり方

 

対策3.  しっかりと栄養バランスの取れた食事をすべし!

カラダを作るのが栄養なら、髪をつくるのも栄養です。

赤ちゃん中心でなかなか自分の食事もままならない忙しいお母さんだからこそ、しっかりとバランス良く栄養の取れた食事を心がけましょう。

どうしてもそこまでの余裕がない場合は、必要栄養素をサプリメントで取り入れると効率的です。

 

対策4.  シャンプーを見直すべし!(洗い方も見直すべし)

妊娠前と同じシャンプーを使っているなら、もしかしたらシャンプーを見直したほうが抜け毛改善には早いかもしれません。

とくに市販の安いシリコン入りシャンプー、髪をさらさらに保つためのシャンプーなどを使っている場合は使用を止めましょう。

女性用のものでも、抜け毛や薄毛のための頭皮環境を改善するシャンプーもたくさんあります。

 

また、良いシャンプーを使っているから完璧というわけでもありません。間違ったシャンプーの仕方では意味がないどころか、逆に抜け毛が悪化してしまう恐れも。

湯洗いをしっかりする、優しく洗う、すすぎは徹底的にして液剤を頭皮に残さない、などなど正しいシャンプー方法で頭皮を健康に保ちましょう。

 

対策5.  ストレスをため込まずに定期的に発散すべし!

忙しい中での育児によるストレスや旦那へのストレスなど、ママはとにかく出産前よりも大変です。

「ストレスを感じるな」という方が無理ですよね。

 

とくに初めての育児の場合は、先が見えないぶん不安や孤独に押しつぶされそうになりよりストレスをため込みがちに。

また第二子、第三子の場合でも、上の子を見ながらのお世話は本当に大変です。

 

 

全然ストレスなんて感じてないよ!という人でも、知らず知らずの間に疲れもたまり抜け毛がひどくなっている可能性もあります。

できるだけ意識して、定期的に思いっきりストレスを発散していきましょう。

大変な育児の中、まとまった時間はなかなか取りにくいとは思いますが、自分なりの楽しいこと、ストレス発散方法を見つけることが大切です。

 

対策6.  ダイエットは栄養管理をしっかりし運動メインですべし!

妊娠中に太ったぶんもとに戻した気持ちはわかりますが、無理なダイエットは禁物です。

とくに栄養不足は髪の毛の成長だけならまだしも、授乳中の赤ちゃんにまで影響しかねません。授乳中のお母さんのカラダは直接赤ちゃんに関係してくるので、そのことを忘れないでください。

 

絶対にダイエットはダメ!というわけではありませんが、急激に戻すのではなくゆっくり徐々にが基本です。

できるだけ食事バランスは最低限しっかり考えて十分に栄養を摂りながら、あとは有酸素運動やストレッチ、筋トレなどでカラダをもとに戻していくことをオススメします。

 

対策7. 気負わず周りを頼るべし!

泣いたら抱っこして、オッパイをあげて。ミルクをあげ、ゲップさせて。オムツを替えて、また抱っこして…。

お母さんは疲れきった体にムチを打ち疲労こんぱいの状態で毎日を過ごしています。

何もかも一人で抱え込まず、旦那や家族、できれば友人やご近所さんまでまわりをできるだけ頼りましょう。

 

頼れる人は、意外と身近にいます。

こんなこと頼むと迷惑なんじゃないかな?嫌がられないかな?などと不安になる気持ちはわかりますが、あなたが倒れてしまっては、誰が赤ちゃんを守っていくのでしょうか。

人を頼ることが、あなたの産後の抜け毛にも良い方向に働きかけ、ひいては赤ちゃんを守ることに繋がります。

 

まとめ ~産後の抜け毛は神経質になりすぎないことが大事~

いかがだったでしょうか?

産後の抜け毛は一時的ではありますが急に大量に抜けることから、不安になる人も多いと思います。

ただし、これらは多くの産後のママさんが経験することで、時間とともに回復することがほとんどなのでさほど心配はいりません。

ただ、あまりにも抜け毛の量がひどい方、なかなかおさまらない方、そういった人は最後に紹介したおすすめ対策7つをぜひ試してみてください。

赤ちゃんのためにも、あまり神経質にならずに気長にケアしていきましょう!

 

CHECK!

当サイトでは、産後の抜け毛でお悩みの方にオススメのアイテムを厳選し組みあわせたママさん元通り育毛レシピもご紹介しています。

内側と外側、両方からアプローチすることでより改善率を高められます。ぜひ参考にしてみてください。

産後の抜け毛改善!ママさん元通りレシピ|育毛レシピちゃん
出産後、急激に抜け毛が増えた 他のママさんは治ってるのに自分だけ抜け毛がおさまらない 頭皮が透けて見えるほど薄くなって心配… 長い髪と短い髪が混ざり合
2018-01-18 15:51

 

 

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す