完全母乳育児のほうが抜け毛が増えるは嘘?授乳期の脱毛と6つの対策|育毛レシピちゃん

産後は、妊娠前や出産前と比べて抜け毛が増えたと感じるお母さんは多いです。

「完全母乳だから抜け毛が増えているのかな?」と心配する方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その抜け毛は本当に完全母乳と関係があるのでしょうか?

今回は、完全母乳と抜け毛の関係や産後の抜け毛の原因、そして、抜け毛が気になるお母さんに試してほしい6つの対策をご紹介します。

毎日子育てで忙しいお母さんでも手軽にできる対策ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

 母乳は抜け毛の原因になるの?

完全母乳を始めて頃から抜け毛が増えたお母さんは、母乳の影響で抜け毛が増えたと感じるかもしれません。

しかし、産後に抜け毛が増える原因は、実は母乳の影響ではありません。

産後の抜け毛は、完全母乳育児をしているお母さんだけでなく、ミルクで子育てをしているお母さんにも起こる場合があります。

ですから、抜け毛を気にして断乳を考える必要はないのです。

母乳は赤ちゃんにとってかけがえのない大切な栄養素ですので、母乳で足りるようならできるだけ母乳育児を続けてくださいね。

産後の抜け毛はいつ頃から始まるの?

産後の抜け毛は、母乳などは関係なく、産後から約2カ月程度で起こります。

そして、産後6カ月から産後1年以内がピークになり、産後1年を過ぎるとに抜け毛が落ちついてきます。

しかし、中には産後に抜け毛が気にならない方や、産後1年以内に抜け毛がおさまる方もいらっしゃいます。

また、産後から1年以上たっても抜け毛が続く方もいます。

このように、産後の抜け毛が増える時期は、母乳に関係なく個人差があるのです。

 

産後に抜け毛が増える2つの原因とは?

1. 女性ホルモンの影響

産後に起こる抜け毛は、母乳ではなく女性ホルモンの影響やストレスなどで起こります。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモンが存在します。

妊娠中はエストロゲンが増加し、お腹の中にいる赤ちゃんを守るために様々な役割を果たしているのです。

このエストロゲンには、抜け毛を防いで毛を育てる働きがあるため、妊娠中にエストロゲンが増えることによって、毛が濃くなったと感じる方もいらっしゃいます。

しかし、妊娠中に増えたエストロゲンの分泌量は、産後すぐに通常の分泌量まで減ります。

この急激なエストロゲンの減少によって、妊娠中に抜けにくかった毛が多く抜け落ちるようになるのです。

このような産後に起こる抜け毛は、「分娩脱毛症」や「産後脱毛症」とも呼ばれています。

2. ストレスの影響

産後に起こる抜け毛の原因は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量の影響だけでなく、ストレスも原因になります。

産後は特に、夜中の授乳や慣れない育児などでストレスを感じやすいです。

ストレスを多く感じていると、自律神経の乱れが起こり、血管を収縮させて血行が悪くなってしまいます。

血液は、髪の成長に必要な栄養素を、髪の毛を育てる毛母細胞に運んでくれるのですが、血行不良が起きていると十分に運ぶことができなくなります。

その結果、産後の抜け毛に繋がってしまうのです。

 

産後の抜け毛を減らすために心掛けたい対策6つ

1. 毛髪に良い栄養をバランス良く摂取する

赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんは、中々栄養バランスの良い食事を心掛けることは難しいかもしれません。

しかし、母乳育児中の食事は、髪だけでなく赤ちゃんの栄養にもなります。

ですから、以下の栄養素をなるべく毎日摂取するようにしましょう。

タンパク質

タンパク質は髪の原料にもなるため、なるべく毎日食べましょう。

タンパク質を含む食材は、大豆、肉、卵、魚などに多く含まれています。

中でも、大豆には、エストロゲンと似た働きをしてくれる「イソフラボン」も含まれているので、母乳育児中も意識的に摂ることが望ましいです。

納豆1パック食べることで、一日の必要摂取量である約40~50mg程度を摂取することができます。

亜鉛

亜鉛は、毛髪の生まれ変わりを促して、抜け毛を防ぐ働きがある成分です。

また、亜鉛はタンパク質の合成もサポートしてくれます。

亜鉛は、豚レバーや牛肉、牡蛎、納豆などに含まれています。

髪をつくる毛母細胞に必要な栄養素を届けるために、ヘモグロビンの構成成分である鉄を十分に摂取しましょう。

鉄が不足してしまうと、ヘモグロビンが十分に生成されなくなり、髪の成長に必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。

母乳育児中は、赤ちゃんにも鉄が必要ですので、より沢山の鉄分が必要になります。

鉄が含まれている食材は、レバーや赤身の肉、納豆、アサリなどです。

2. ストレスをためこまない

産後の育児は、心身ともに楽なものではないため、ストレスを感じやすいです。

そんな忙しい毎日の中でも、なるべくストレスを解消できることを取り入れることが望ましいです。

好きな音楽を流したり、好きなおやつを食べるなど、手軽にできるストレス解消方法を見つけましょう。

ストレスをためないことで、自律神経の乱れを防ぎ、良い血行を維持できます。

その結果、髪の成長に必要な栄養素もしっかりと届けられるようになるのです。

3.3時間以上は睡眠をとる

産後の育児は夜中にも授乳があるため、睡眠不足になりやすいです。

生後半年ぐらいになると、赤ちゃんの生活リズムも徐々に整ってくるので、お母さんもできる限り睡眠をとるようにしましょう。

睡眠中は、発毛の促進に役立つ「成長ホルモン」が分泌されます。

この成長ホルモンが多く分泌されるのは、眠り始めてから最初の3時間です。

ですから、成長ホルモンを十分に分泌させるためにも、3時間以上は寝るようにしましょう。

4.アミノ酸系や植物由来の成分が入っているシャンプーを使う

産後に抜け毛が増えているときは、普段使うシャンプーを頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーや、植物由来の成分が入っているシャンプーに変えましょう。

石油系界面活性剤が含まれているシャンプーは、洗浄力が強いため頭皮に負担がかかります。

抜け毛を少しでも抑えるためには、髪の毛が生える頭皮に余計な刺激を与えないことが大切ですので、石油系界面活性剤が含まれているシャンプーは避けることをおすすめします。

アミノ酸系シャンプーは、石油系界面活性剤が含まれているシャンプーほど洗浄力はありませんが、頭皮に優しいため抜け毛対策に適しています。

4. マッサージをして頭皮の血行を促進する

産後は、骨盤の歪みや不規則な生活リズムによる自律神経の乱れなどによって、血行不良を引き起こしやすいです。

頭皮や全身の血行を促進するためにも、簡単なストレッチやマッサージを生活の中に取り入れましょう。

髪の毛を洗う際に、指の腹を使って揉むようにマッサージしてみるのも、血行促進に繋がりますよ。

このときに、爪をたてて頭皮を傷つけてしまわないように注意しましょう。

詳しい頭皮マッサージの方法については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

女性の薄毛ケア対策に効く「頭皮マッサージ」正しいやり方&3つの注意点|育毛レシピちゃん
抜け毛を減らしたり発毛を促したりするためには、バランスの良い食事や規則正しい生活が大切ですが、毎日忙しい女性にとっては簡単なことではありませんよね。 頭皮マッサージなら、シャ
2018-03-07 21:36

5.授乳中でも使用できる育毛剤を使う

産後半年頃になっても抜け毛が減らない場合は、授乳中でも使用できる育毛剤を取り入れてみても良いでしょう。

育毛剤の中でも、授乳中の使用が禁止されているものがあるので、注意して選ぶことが大切です。

育毛剤の中でもおすすめしたい商品は、ベルタ育毛剤です。

ベルタ育毛剤は、天然由来の成分99.6%で出来ていて無添加というこだわり。授乳中や敏感肌の方も使用することができます。

血行を促進してくれる成分や、皮膚の炎症を抑えてくれる成分も含まれています。

ベルタ育毛剤はこちら

 

5. まとめ~抜け毛対策をして母乳は続けましょう~

産後は、女性ホルモンやストレスなどの影響で抜け毛が増えやすい特別な期間です。

しかし、母乳は抜け毛の原因にはなりませんので、赤ちゃんの健やかな成長のためにも母乳は続けましょう。

毎日の生活の中に、髪に良い栄養素が多く含まれている納豆を食べたり、シャンプーをする際に軽くマッサージをするなど、手軽にできる簡単な対策を取り入れて、産後も健康的な髪を維持しましょう。

 

産後の抜け毛についてさらに詳しくチェックしたい方はこちらもどうぞ↓

【最新版】産後の抜け毛いつまで続く?特徴や原因、改善対策をわかりやすく徹底解説!
赤ちゃんを産んでから抜け毛がひどい…止まらない…。 これ、正式には「分娩後脱毛症」というもので、出産を経験した女性の多くが経験するものです。 とはいえ、産後の抜
2018-01-24 17:29
本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す