酢酸dl-a-トコフェロールが女性の薄毛に効くって本当?髪にどんな効果があるの?|育毛レシピちゃん

酢酸dl-a-トコフェロールは、育毛剤や化粧品などに配合されている成分です。

しかし、酢酸dl-a-トコフェロールがどんな成分なのか、具体的に知っている方は少ないかもしれません。

また、「酢酸dl-a-トコフェロールって本当に薄毛に効くの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この酢酸dl-a-トコフェロールとはどんな成分なのか、そして、本当に薄毛に効くのかどうか解説します。

この記事で酢酸dl-a-トコフェロールのことを知って、より良い育毛剤選びに役立ててくださいね。

酢酸dl-a-トコフェロールとは?

「トコフェロール」とはビタミンEのことで、酸化されやすく水に溶けにくいという特徴があります。

「酢酸dl-a-トコフェロール」とは、そんなビタミンEの安定性を高めた「ビタミンE誘導体」のことをいいます。

ビタミンE誘導体にすることで、水に溶けやすく育毛剤などに配合しやすくなるのです。

トコフェロール(ビタミンE)には、天然のビタミンEだけでなく、石油などから合成されているものがあります。

酢酸dl-a-トコフェロールは合成のビタミンEからつくられたものを指し、天然型のものは「酢酸d-aトコフェロール」といいます。

「酢酸」とは、酢に含まれている弱酸性の成分のことを指し、試薬などにも使用されています。

薄毛対策に役立つ酢酸dl-a-トコフェロールの3つの働きとは?

1. 抗酸化力が高い

ビタミンE(トコフェロール)は、老化の原因に繋がる活性酸素を除去する力が強いことから、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

活性酸素とは、呼吸をすることによって発生し、体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦う働きがあります。

しかし、紫外線を浴びたりストレスを強く感じたりすることによって、過剰に発生してしまい、健康な細胞にまでダメージを与えてしまうのです。

頭皮も細胞ですので、活性酸素が多いと酸化というダメージを受けてしまうのです。

また、過剰に発生した活性酸素によって血管が弱くなり、十分に栄養が行き届かなくなってしまいます。

その結果、髪の成長の土台である頭皮の環境が悪化してしまうのです。

ビタミンE(トコフェロール)には、この活性酸素を除去する力が(抗酸化力)が強いため、頭皮の細胞を活性酸素によるダメージから守ってくれます。

2. 毛細血管を拡張する

酢酸dl-a-トコフェロールのもう一つの良い働きは、毛細血管を拡張する働きです。

薄毛を抑えて健康的な髪をつくるためには、頭皮に栄養と酸素をしっかりと届けることが大切です。

しかし、血行が悪いと頭皮まで栄養が十分に行き渡らなくなり、抜け毛に繋がってしまいます。

酢酸dl-a-トコフェロールには、毛細血管を拡張する力があるので、頭皮の血行促進にも役立ちます。

3.抗炎症作用

酢酸dl-a-トコフェロールには、抗酸化力や血行を促進する働きの他に、抗炎症作用があります。

この抗炎症作用によって、皮脂の分泌による頭皮の炎症や、毛穴の詰まりが抑えられます。

このように、頭皮の炎症や毛穴の詰まりを抑制することによって、抜け毛も抑えることができるのです。

酢酸dl-a-トコフェロールが髪に与える3つのメリット

1.頭皮の匂いを抑える

頭皮の匂いの原因の一つとして、活性酸素によって発生する過酸化脂質の影響がが考えられます。

酢酸dl-a-トコフェロールは、過剰に発生した活性酸素によるダメージを抑えることによって、匂いの原因になる過酸化脂質の発生を抑制してくれます。

このような頭皮の匂いを抑制する働きがあるため、酢酸dl-a-トコフェロールが配合されている育毛剤は女性におすすめです。

2.頭皮環境を整える

髪の成長の土台である頭皮の環境を良い状態に保つためには、頭皮の炎症や毛穴の詰まりを抑えることが大切です。

そして、頭皮の荒れやかゆみ、湿疹などの頭皮トラブルを防ぐことで、髪をつくるための土台を整えることができます。

酢酸dl-a-トコフェロールには、抗炎症作用があるため、頭皮の炎症や毛穴のつまりによって起こる頭皮トラブルを抑え、良い頭皮環境を維持してくれます。

3.丈夫な髪をつくるためのサポートをしてくれる

丈夫な髪をつくるためには、頭皮の毛母細胞にまで十分に栄養と酸素を届けることが大切です。

しかし、血行不良になっていると、髪の成長に必要な栄養が不足しやすくなります。

酢酸dl-a-トコフェロールには、毛細血管を拡張する力があるため、血行促進に役立ちます。

このように酢酸dl-a-トコフェロールは、健康的で丈夫な髪が生えるようにサポートをしてくれるのです。

 酢酸dl-a-トコフェロールに副作用はある?

酢酸dl-a-トコフェロールは、ビタミンEの安定性を高めたビタミンE誘導体ですので、安全性はありますが、人によっては赤みやかゆみ、かぶれなどのアレルギー症状が現れる場合があります。

酢酸dl-a-トコフェロールを使用する際は、正しい使用方法と量を必ず守り、アレルギー症状が現れた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

酢酸dl-a-トコフェロールを配合しているおすすめの育毛剤

酢酸dl-a-トコフェロールを配合している育毛剤は数多く存在しますが、この記事では「ミューノアージュ」をおすすめします。

ミューノアージュには、酢酸dl-a-トコフェロールだけでなく、頭皮環境にアプローチする多くの成分が配合されています。

また、ミューノアージュでは、頭皮をケアする育毛剤と、脱毛予防や発毛促進に役立つ育毛剤の2剤を使用するため、頭皮を整えるケアだけでなく、髪を育てるためのケアもすることができます。

ミューノアージュはこちら

まとめ~酢酸dl-a-トコフェロールで良い頭皮環境を維持しよう~

酢酸dl-a-トコフェロールは、髪の毛を生えさせる効果がある成分ではありませんが、健康的な髪をつくるために大切な土台である頭皮の環境を整えてくれます。

酢酸dl-a-トコフェロールがもつ抗酸化力や血行を促進する力、そして抗炎症作用はどれも良い頭皮環境を維持するためには必要な力です。

健康的な髪を沢山育てるためにも、ヘアケアに酢酸dl-a-トコフェロールを取り入れて、理想的な頭皮環境を叶えましょう。

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す