薄毛に効く育毛剤

市販の育毛剤に淡い期待を抱いてる若者に、現実を教えたるで!
MENU

薄毛に効く育毛剤のこと

長年薄毛に悩んでいて、ある時髪を切りにいった床屋で鏡ごしに見た自分の後ろ姿に衝撃を受け、いよいよ本当になんとかしたいと、1年ほど前から育毛剤を使い出した知人がいます。

 

 

その知人は、やっぱりどうせ使うなら効果の出る物を、とテレビでもよくコマーシャルを流している有名な育毛剤を買うことに決め、会社が休みの週末にドラッグストアに行ったそうです。

 

 

ところが、その育毛剤は医薬品で、薬剤師のいる薬局でしか扱っておらず、そのドラッグストアでは売っていなかったそうです。
しかたがないので、知人は車を出して、ちょっと離れたところにある薬剤師のいるドラッグストアに行きました。

 

 

そうしたら今度は、商品をおいてはいたのですが、土日は薬剤師が不在で買うことができず、結局その日は変えずじまいだったそうです。

 

 

その後、休みが取れた平日に改めてその薬局に行き、無事に買うことができたそうですが、その後も2か月ごと、商品がなくなるごとに平日に休みをとって買いに行かなければならず、大変だったそうです。

 

 

育毛剤を買うために仕事を休まなければならないなんて、本当に大変そうです。でも、最近ひょんなことから、その育毛剤がネット通販でも買えることがわかったので、知人にも教えました。

 

 

いまは便利な世の中で、ネット通販でも条件を満たせば医薬品を買うことができるんですね。
しかも、実際の店舗で買うより、かなりの低価格で買える場合もあるようです。

 

 

もし、これから育毛剤を購入しようかなと考えている人がいたら、最初の一回は薬剤師のいる薬局で買う必要がありますが、2回目以降の購入はネット通販をおすすめします。

 

 

また、一度効果がある!と思っても、私の知人などは数か月後には「なんだか効果が薄くなってきたような気がする」と言いだしました。
その育毛剤にはより有効成分の配合量が多い、グレードの高いものがあるのですが、値段も高くなりますし、果たしてそっちに変えてそっちでも効果が感じられなくなってきたらどうするんだ!?と悩んでいるようです。

 

 

それを見ていると、育毛剤は、薬剤師さんのいるドラッグストアで手軽に買うことができますし、効果がある場合にはいいと思うのですが、反面、効果に迷った時の判断を自分ではしにくいという点はデメリットかなという気がします。

 

 

育毛剤で迷ったら、薄毛治療を行っている病院に行ってきちんと医師に相談するのもいいと思います。

 

薄毛と睡眠の関係

 

薄毛や髪のボリューム不足で悩んでいるという男性の中には毎日就寝する時間が遅くて、睡眠不足だと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

 

特に、仕事を持っている年代の場合は、仕事が忙しくて帰りが遅いので、どうしても仕方ないという方もいるでしょう。学生の方でも、バイトや部活で遅くなるケースはありますよね。

 

 

でも、それ、薄毛には非常に良くないって知っていますか?

 

 

驚いた人も多いでしょう。睡眠不足と薄毛。一見、両者の間にはなんの関係もないように感じますよね。でも、睡眠不足が続くと、肌の調子も悪くなりませんか?疲れもなかなかとれなくなりますよね。薄毛の原因になるのも、実は同じ理由からなんです。

 

 

その原因は、睡眠不足だと、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまうから。成長ホルモンなんて、成長期の子どもだけの問題なんじゃないかと思う方もいると思います。でも違うんです。成長ホルモンは体の成長が止まってからも分泌されます。

 

 

そして、運動して傷ついた筋肉組織を再生させたり、もちろん肌や骨の成長(再生のサイクル)を促したり、精神的な疲労も回復させ、あたまをスッキリさせてくれます。ただ、単純に長く寝ればいいというものではありません。

 

成長ホルモンが一番分泌されるのが、22時から午前2時の間の4時間と言われていますから、その時間に「深く」眠っている必要があります。とはいえ、そんなの無理という男性も多いですよね。

 

 

ただ、このことを頭に入れて、仕事が早く終わって早めに眠れそうな時にはスマホやテレビで時間をつぶさずに、ぜひ意欲的に「眠る」ことをおすすめします。

 

薄毛についての認識

 

昔から男性の薄毛=いわゆるハゲは男性の永遠の悩みだったのではないでしょうか。

 

 

将来ハゲたらどうしよう、と若いうちから不安を感じたり、自分の父親やおじいさんがハゲているから将来は自分も必ずハゲるにちがいない、と覚悟を決めていたり、薄毛に悩まない男性はおそらく一人もいないのではないでしょう。

 

 

例外として、父親や親類の男性がみんな剛毛で、白髪になっても毛はフサフサという場合は、そんなことはないのかもしれませんが。

 

 

たしかに、薄毛には遺伝的な要素があるのは確実だそうです。遺伝子レベルで親から子に受け継がれるとか。ですから、父や祖父が薄毛だから自分も薄毛になるだろうと言うのはあながち、間違いではないと言えます。

 

 

ただ、親が薄毛だからと言って、すべての子どもが薄毛になるわけではありません。生活習慣や、様々な後天的な要素も非常に深くかかわっています。逆に言えば、髪や頭皮をまったく気遣わない生活を長く続けていれば、たとえ親や親類が薄毛ではないからといって、薄毛にならないというわけではないのです。

 

 

薄毛は、本人がいくらイヤだと言っても、遺伝的な部分など避けられないところもあるのですが、薄毛になりたくないと思っている場合は、薄毛になる原因と言われることを徹底的に避けることで、ある程度防ぐことが出来ると言えるでしょう。

 

 

薄毛は、薬を飲めば簡単に治る風邪などと違って一度なればなかなか改善しにくいものです。なりたくない人は、普段から薄毛を予防する生活を心掛けることをおすすめします。

 

薄毛とサプリメントの関連性

 

薄毛の改善に効果的な方法と言えば、まず思いつくのが育毛剤ではないでしょうか。

 

 

実際、高い育毛剤を買わなきゃ生えてはこないでしょ、と思っている人も多いと思います。あとは、育毛専門のサロンに通うことでしょうか。これも、テレビコマーシャルなどで一度は目にしたことのある有名なところがありますよね。

 

 

でも、そのどちらも金額的にとても高いのがネックですよね。育毛剤の方がはるかに金額は安いと言えそうですが、それでも継続しなければ効果は持続しないというものがほとんどらしく、一生買い続けるのかと考えると気が遠くなる思いがします。

 

 

また、サロンはそれこそ目が飛び出るほど高いそうで実際に体験してみたわけではないのですが、やはりそこにお金がかけられる層のみが利用できるものだということができそうです。もちろん、おためしや体験は手軽な料金で出来ると思うのですが、それは女性のエステと同じようなものなのでしょう。効果が目に見えてわかるほどになるまではかなりの金額がかかりそうです。

 

じゃあ、髪にそんなにお金をかけられない若者などはどうすればいいのよ、って話なのですが、ちょっと耳よりな情報を。

 

実は、発毛に効果があるサプリメントがあるのです。

 

 

サプリメントですから、量を守って服用すれば基本的には安全だと思います。手軽に飲めるサプリメントで発毛に効果が期待できるなんて夢のような話ですよね。しかも、値段もお手頃で手に入るものが多いです。薄毛に悩んでいるなら、まずは自分に合いそうなサプリメントを調べて飲んでみることから始めるといいのではないでしょうか。

 

ヘアカラーによる薄毛への影響

 

今の若い世代は、女性も男性もヘアカラーをしている人が多いですよね。ヘアカラーをしていないという人の方が少ないのではないかと思うほど、普及・浸透しています。

 

 

科学技術の進歩で、ヘアカラーは今やどこのドラッグストアでも数百円から千円台で手に入れることが出来ますし、カラーリングの仕方も簡単で、家庭でものすごく手軽にヘアカラーを楽しめます。

 

 

同じく、ブリーチとよばれる脱色も手軽になりました。より明るい色に染めたいと思ったらまずはブリーチでもとの色を抜いて、それから明るい色を入れるといいそうですね。おかげで、街には茶髪は当然ながら金髪や、白に近いほど色を抜いた髪色の人もめずらしくありません。カラーコンタクトをしている場合など、一見何人かわかりません。

 

 

ただ、これらのヘアカラーやブリーチがおそろしく髪や頭皮を傷めるものであることを忘れてはいけません。

 

 

髪の毛だけならまだしも、大抵は根元から髪色を変えますから薬剤が地肌にべったりとつくことになります。しかも、これは美容師さんから聞いた話なのですが、市販のヘアカラーは効果を出すため、最強クラスの薬剤が使われているらしいですよ。それはそうですよね、使う人の中には猫毛の人もいれば、剛毛の人もいる。染まりやすい髪質の人もいればそうでない人もいるわけで、その人たちすべてが満足する髪色に染めるために強い薬剤が使われているのです。

 

でも、染まりやすい髪質の人が、そんな強い薬剤を使ったらどうなると思いますか?頭皮にダメージをうけて、将来の薄毛の原因になってしまう可能性が非常に高いのではないでしょうか。

 

 

もしあなたが薄毛対策を一番に考えるのなら、ヘアカラーは極力しないにこしたことはないでしょうし、もししたいという場合には、美容院でしてもらうことをおすすめします。自分でやるより高くつきますが、髪の毛はお金では買えませんからね。

 

薄毛と効くシャンプー方法

 

あなたは普段どのようにシャンプーしているでしょうか。

 

普段何気なく行っているそのシャンプー方法が、薄毛の原因になっているとしたらどうでしょう。シャンプー方法は、特に気を使っていたり、美容師などの仕事についていない限り、幼い頃に身に付けたままあまり変えないケースが多いものです。

 

 

また、テレビのコマーシャルで男性がシャンプーしている場面が流れることがありますが、あんなイメージで自分も洗っているという人も多いかもしれません。ところが、その方法が薄毛を招いているかもしれないのです。

 

 

まず、薄毛を招きかねないシャンプーの方法として挙げられるのが熱いシャワーを頭からあびていること。40度でも熱すぎるくらいです。シャンプーの時のお湯の適温は39度。それ以下でも構いませんが、あまり冷たすぎても頭皮のアブラが汚れが落ちにくくなってしまうの気をつけましょう。熱いシャワーをかけると、頭皮は軽いやけどをしたような感じになり、ダメージをうけてしまいます。

 

 

次に洗い方ですが、シャンプーをボトルから直接頭のてっぺんにふりかけてゴシゴシ洗うのはNG。シャンプーは手に取り、少し泡立ててから、耳のうしろなど髪の毛の生え際からつけるようにし、赤ちゃんの頭を洗うようにやさしく洗ってください。

 

 

そして最後に、フィンジアすすぎは十分だと思ってからさらに2分すすぐこと。シャンプーの成分が頭皮に残ったままだと、頭皮にダダメージを与えてしまいます。すすぐときは念入りに、そしてもう十分だと思ってからさらに2分続けるような気持ちですすいでください。

 

この3点に気をつけてシャンプーするだけで、2〜3か月後にはあきらかに髪の毛のボリュームが違ってきますよ。

このページの先頭へ
スター為替証券