白髪ができる7つの原因とメカニズム、今からできる白髪対策!

年齢とともに出やすくなる「白髪」。お肌や髪のお手入れをどんなに頑張っていても、白髪が見えると老けて見えてしまいますよね。

しかし他の部分のケアと違って、白髪は対策ができないと思っていませんか?

実は白髪にも生えやすくなる原因とメカニズムがあり、白髪対策のヘアが可能なんです。普段から白髪ができてしまう原因を取り除いておけば、いつまでも若々しい黒髪を保つことができるかもしれません。

そこで今回は白髪ができてしまう原因とメカニズム、そして自宅でも簡単にできる白髪対策について詳しく解説していきます。

 

どうして生えてくるの?白髪のメカニズム

まずは白髪が生えてきてしまうメカニズムについて解説していきます。

メカニズムを知ることで、白髪の対策も立てやすくなりますよ。

 

髪の毛は最初は全部白髪

意外な事実ですが、髪の毛というのは始めは全て白髪なんです。髪の毛が作られた時点では色が付いておらず、真っ白だと言われています。

その白髪が生えてくる途中に黒い色素と混ざり合って、最終的には黒い髪の毛とし生えてくるというメカニズムです。

もともと髪の毛は「幹細胞」という細胞から作られています。その幹細胞が成長していくにつれて2つに分化します。一つは髪の毛自体を作り出す「毛母細胞」、もう一つは黒い色素の役割を果たす「メラノサイト」です。

毛母細胞はバジル領域という場所で、髪の毛に変化していきます。変化した後に色素となったメラノサイトと合成され、黒い色が付いた状態で毛穴から生えてくるという過程があります。

そのためこのメラノサイトとの合成がなければ、髪の毛は全て白髪のままで生えてくるということなんですね。

 

白髪には2つのタイプがある

生えてくる前は全て真っ白な髪の毛ですが、途中で色素と混ざり合うことで黒髪が生えてきます。

しかし時にはメカニズムが乱れてしまったりすることで、変則的に白髪が生えてくることがあります。中でも白髪には2つのタイプがあります。

 

白髪のタイプ1「欠乏型」

髪の毛はメラノサイトという色素細胞と結合することで、初めて色が付いた状態で生えてきます。

しかし体の何らかの変調などによって、まれにメラノサイトが色素であるメラニンを作り出せなくなることがあります。そうすると髪の毛には色がつかず、白いままで生えてきてしまうのです。

 

白髪のタイプ2「休止型」

「休止型」はメラノサイトではなく、毛母細胞に変調があった場合のタイプです。

髪の毛が作られる過程で毛母細胞のサイクルが乱れ、黒い色素であるメラニンを受け入れられない場合があります。そうすると髪の毛は白髪のまま生えてきてしまいます。

 

髪の毛のサイクル

髪の毛が生えてくるサイクルには一定の周期があります。

髪の毛が主に成長するのが「成長期」で、約2〜7年続きます。その成長期が終わると次は「退行期」が現れます。

「退行期」は2〜3週間くらいで、それが終わると「休止期」が訪れます。休止期は3〜4か月程度で、髪の毛の成長が止まる時期だとされています。退行期は、成長期と休止期の中間地点ですね。

そのサイクルの入れ替わりの際に、髪の毛を作る毛母細胞とメラノサイトには変化が起きやすい傾向にあります。そのため入れ替わりのタイミングで白髪が生えてくることがあります。

 

また生えてきた…白髪の原因

白髪が生えてきてしまうのには、髪の毛が作られる途中で何らかの変化があるためです。

その変化には少なからず原因があり、その原因を取り除くことで白髪を減らすことも可能になります。そこでまずは白髪が生えてきやすくなってしまう原因をご紹介します。

 

原因1:ストレス

人間はストレスを感じると、体にさまざまな不調を表します。例えば睡眠不足になったり、食欲がなくなるなどが良い例ですね。

そんなストレスが、実は頭皮に大きな悪影響をもたらします。

ストレスは基本的に血管が収縮したり、血の巡りが悪くなる症状を引き起こします。それによって頭皮にまで十分な栄養が行き渡らなくなり、頭皮は健康な髪の毛を作り出す力も失ってしまいます。

また自律神経を乱すこともあるので、毛母細胞やメラノサイトの正常な成長を阻害してしまいます。そのためストレスは髪にとって非常に悪影響です。

またストレスは睡眠不足や食生活の乱れを引き起こします。

睡眠は成長ホルモンを分泌するのに必要ものなので、それが不足すると髪の毛が成長するタイミングも減ってしまいます。

また食生活の乱れも、頭皮に与えられるはずの栄養を阻害してしまうので、髪の毛が強く成長できなくなってしまいます。

このようにストレスは体全体に不調を示すとともに、白髪のさまざまな原因を作りかねません。できる限りストレスを溜めないように、心がけましょう。

 

原因2:女性特有の体の変化

女性の体には、年齢とともに初潮や出産、閉経が起こります。

このような体の変化は、血流に大きな影響を与えます。血の巡りが悪くなったり、血管が収縮するなど、体が冷えやすい状態です。

そうすると頭皮など末端には十分な栄養が行き渡らなくなるので、白髪も生えやすくなってしまいます。

体の変化が起きやすい時期には、特に冷えなどに気をつけるようにしましょう。

 

原因3:喫煙・飲酒

元来から体に悪影響を及ぼすと言われている「喫煙」と「飲酒」。実は白髪が生えやすくなる原因でもあるんです。

髪の毛はもともとケラチンという物質から構成されています。しかし喫煙や飲酒によって、ケラチンの物質の一つであるシツチンという成分が大量に消費されてしまいます。

そのため喫煙や飲酒が多い方は、髪の毛を作る成分が別のところで消費されてしまっているかもしれません。

健康のためにも、過度の喫煙や飲酒は控えた方が良さそうですね。

 

原因4:過度なダイエット

体の不調の一つに、過度なダイエットも数えられます。

女性ならできる限りスタイルキープをするためにダイエットをする方も多いと思いますが、極端なダイエットは体に毒です。

特に食生活が偏ってしまったり、体に十分な栄養が行き渡らなければ、髪の毛は徐々にやせ細っていきます。それとともに髪の毛を作る成分も減っていき、白髪が増えてしまうというわけです。

太り過ぎも体には良くないですが、ダイエットは適度を心がけましょう。

 

原因5:活性酸素

人間の体を老化させる物質の中に、「活性酸素」というものがあります

この活性酸素が肌を乾燥させたり、シワを作ったりします。

またそれだけでなく活性酸素は、髪の毛にも影響を及ぼします。本来睡眠時などに分泌されるはずの成長ホルモンを阻害してしまうので、髪の毛が正常なサイクルで成長できなくなってしまいます。

そうすると自然と白髪が生えてきやすくなってしまうんですね。

活性酸素は、主に睡眠不足や紫外線などによって作られます。健康的な生活を意識し、また紫外線対策などに力を入れることで、活性酸素の生成を抑えることが可能です。

 

原因6:加齢

白髪は年齢とともに増えやすくなっていきますよね。それは歳をとるごとにだんだんと女性ホルモンや成長ホルモンが減っていくからなんです。

髪の毛の成長をサポートするホルモンが減ってしまうと、自然と髪の毛の育成サイクルが乱れ、白髪のまま生えてきてしまいます。

そのため年齢を重ねたら、髪の毛自体のケアだけでなく、体のケアをすることも大切ですね。

 

原因7:体の不調のサイン

髪の毛は意外にもちょっとした体の変化で生えてきてしまうことがあります。その原因の一つが「体の不調を訴えるサイン」です。

体は悪い変化をすると、痛みなどによって体にそれを教えます。それと同様のサインとして、白髪が生えてきてしまうことがあります。

髪の毛は絶えず少しずつ生まれ変わっているので、体の変化の影響を受けやすくなっているんです。

そのためできる限り生活のリズムを整え、ストレスフリーを目指しましょう。

 

白髪知らずになるための対策!

白髪にはさまざまな原因がありますが、それらを一つ一つ取り除いていくことで、白髪ケアができます。

また髪に良いケアをすることでも、白髪を減らすことができます。

 

対策1:白髪染めをする

白髪のもっとも根本的な解決は、白髪を染めてしまうことです。

髪の毛は絶えず生まれ変わっていますが、一度白髪になってしまったものが黒に戻ることはほとんどありません。そのため生えてきてしまったものは、染めてしまうのが良いでしょう。

近年は白髪を染める人も増えてきているので、毛染めアイテムは豊富になってきています。一般的な白髪染めクリームから、白髪染めマニキュア、白髪を徐々に染めていけるシャンプーやトリートメント。その人の使い方にあった商品が続々と販売されています。

また1日だけ染めたい場合などは、スプレーやパウダータイプのものを使用するのもおすすめです。

生えてきてしまった白髪はそのままにせず、気になる部分からケアしていきましょう。

白髪染めをする際には肌に合っているか、必ずパッチテストを行ってください。肌に合っていないものを使ってしまうと、毛穴が傷んでしまうこともあるので要注意です。

 

対策2:頭皮マッサージ・ブラッシング

髪の毛を綺麗にする頭皮マッサージ・ブラッシングですが、実は白髪対策にも効果を発揮してくれます。

白髪が生えてきてしまう原因の一つに、血行不良が挙げられます。血の巡りが悪いと、頭皮には栄養がいかなくなるので自然と白髪が増えていきます。

そこで頭皮に直接刺激を与えることで血行を改善し、髪の毛が成長しやすい環境を作ります。

またブラッシングは髪の毛のほつれを直したり、汚れやホコリを取ってくれる効果もあるので、髪に不要な雑菌を落とせるのも魅力ですね。

 

対策3:生活習慣を改善する

白髪は知らず知らずのうちにやってしまっている日常的な行動からも、増えてしまいます。その中でも今回は、「運動」と「食事」について詳しく解説していきます。

学校や仕事が忙しくなると、ついつい運動する時間を減らしてしまいがちですよね。しかし適度な運動は血流を良くし、健康的な体を保つのに必要なことです。

そのため運動をしなくなると体は固まりやすくなり、血の巡りも悪くなります。それによって頭皮も正常な働きができなくなり、白髪が増えていきます。

また食事にも注意が必要です。外食やコンビニなどが多い食事は、どうしても脂質や糖分が多くなりがちです。栄養の偏りは髪の毛の成長を阻害します。

また偏った食事は、髪の毛を作るために必要な成分を減らすことでもあります。主に野菜や穀物、魚介類に含まれるビタミンや抗酸化作用は、髪の毛の成長をサポートします。しかしそれが摂取されないと、髪の毛はだんだんと弱っていきます。

バランスの良い食事をとり、髪の毛の成長を助けることが大切です。

 

対策4:スカルプケアアイテムを使う

スカルプケアや育毛剤は、主に薄毛や抜け毛が気になる方向けの商品です。

しかし薄毛や抜け毛の原因は、頭皮の栄養不足や乾燥などです。そのためケア商品にはたっぷりの保湿剤や、髪の栄養に変わる成分が配合されています。

薄毛や抜け毛の方だけでなく、保湿や栄養は髪に良い影響を与えてくれるので、白髪対策にも最適です。

またそういったヘアアイテムを使うことで、頭皮マッサージやブラッシングのダメージ軽減にもなるのです、オススメです。

【厳選】薄毛・抜け毛対策に最適な女性用シャンプーの選び方&おすすめランキング5|育毛レシピちゃん
正しい抜け毛・薄毛対策をするうえで、シャンプー選びは非常に重要です。 よく店頭で市販されているような女性用シャンプーは、髪の毛まとまりやダメージ補修や指通りなどを重視したもの
2018-03-19 19:52

 

対策5:ストレス解消

白髪の大敵はストレスです。長年溜まったストレスは徐々に白髪へと変化していき、気がつけば真っ白になっていた……ということも少なくありません。

そのため定期的にストレスは解消するように心がけましょう。

人それぞれストレス解消法があると思いますが、特にオススメなのがヘッドスパなどに行くことです。ヘッドスパ自体にリラックス効果がありますし、また直接頭皮ヘアもできるので一石二鳥です。

また室内での仕事が多い方は、一定時間太陽を浴びるのも良いでしょう。太陽光には1日のリズムを整えたり、体を元気にする効果があると言われています。日焼けは気になるかもしれませんが、できるだけ光を浴びるようにするようにしてください。

 

早めの白髪対策で若々しい髪を保つ!

白髪は急激に増えるものではありませんが、ストレスなどが蓄積されていけばだんだんと増え始めます。今は白髪染めなども進化しているので、すぐにケアする方法もあるでしょう。

しかし女性なら、いつまでも若く美しい髪を保ちたいものですよね。そのためにできるだけ早めの白髪対策が重要です。

早く始めれば始めるほど、効果が表れるので、ぜひ意識してみてください。

本格的な薄毛治療なら女性専門の病院へ

最近では、薄毛で悩む女性が増えていることから女性専門の薄毛治療クリニックが注目されています。中でも当サイトの一押しクリニックはこちらのヘアジニアス。

  • 女性専門の薄毛治療のパイオニア
  • 4ヶ月で99%の人が発毛実感
  • 薬品やサプリメントのオーダーメイド処方
  • 東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄など全国に展開

ヘアジニアス公式サイトへ

薄毛治療は「できるだけ早く始める」が基本です。

こうして悩んでいる間にも薄毛の進行は待ってはくれませんし、進行すればするほど治療に時間もお金も費やさなければなりません。

 

もちろん治療にはある程度のコストはかかりますが、カウンセリングは無料でやってもらえるのでまずは相談してみてしっかりと現状把握し、自分と向き合うことから始めましょう。

治療プランや治療費についてもきちんと説明を受け、最終的にやるかやらなか自分で決めるというのが大事です。

薄毛は命にかかわる病気ではありませんが、女性の日常生活やこれからの人生を大きく左右する病気であることは間違いありません。

できるだけ早くそして確実に薄毛改善するためにも、まずは勇気を出して第一歩を踏み出しましょう!

>>無料カウンセリングの内容を詳しくみてみる

コメントを残す